FC2ブログ

映画「キングダム」

見て来た、「キングダム」・・・。
とてもわかりやすいストーリー展開で安心して見られた。
昨今の映画やドラマの描き方は頭をひねるものばかりで不安だったけれど、これは原作を知らなくてもよくわかった。
それぞれのキャラクターも、漫画らしく異常にキャラ立ちしていて面白かった。
むちゃ意気のいい奴隷の信が、亡くなった親友に瓜二つの王を助けて天下統一を目指す物語だ。
山崎賢人が信を熱く演じている。
信と漂の固い友情が描かれ、始まってすぐ死んでしまう漂が「一緒に天下(取り)に連れて行ってくれ」と信に言い残すシーンが唯一ホロッとする場面だった。
弟のクーデターによって城を追われた王のエイ政が、落ち延びた洞窟の中から唯一の光の方向を向いた横顔がなんと美しかったこと!
イケメンで有名な吉沢亮の面目躍如だ。
ホントに久々に見る美しい男子だった・・・。

山の神、長沢まさみもかっこよかった。
背が高いだけにアクションが映える。
戦っている姿を見ながら竹内結子の姫川を継ぐとしたら彼女だわ・・・と思った。(この映画とは全く関係がないのに・・・)
大沢たかおの将軍もなんか変なキャラなんだけど、映画へのコメントを見ていたら漫画で描かれている王騎将軍そのものだった・・・そうだ。
ま、一番貫禄があったよねえ・・・。

映画は中国でのロケも敢行されたそうだ。
でないとあんなスケールのシーンは撮れないだろう。
奇怪な怪人たちもたくさん登場してアクションばかりの映画だったけど退屈しないで見られた。
ただ一瞬ウトウトして長沢まさみの登場シーンは見損ねた。
ハッと気がついたら彼女が出ている・・・。
あの仮面をかぶった、くぐもった声の山の神が彼女だったんだねえ。

原作はまだまだ長いらしい。
エイ政は後の始皇帝だそうだけど、やっと中華統一の緒に就いたばかりで映画は終わってしまって、絶対に次回作があると思われる展開だった。
ちょうど今「三国志Secret of Three Kingdoms」という中国ドラマを見終えたところだったので、何か共通点はあるかなと思ったけれどまったく別物だった。
中国でロケをしてみんな中国人の役で言葉は全く日本語を話す・・・、考えたら変な映画だけど面白かったらいいかなあ・・・。

スポンサーサイト

韓国映画「尚衣院(サンイウォン)」

感動するドラマ・舞台・本が続いて何から書こうかと迷うほどだ・・・。
久しぶりにTSUTAYAでDVDを借りて来て、あまりに面白かったので友人二人にも紹介した。
韓国映画「尚衣院(サンイウォン)」はコ・スとハン・ソッキュ主演で、時代考証ははっきりしないが朝鮮王朝の華やかな衣装を作るサンイウォンが舞台である。

長年、御針匠(オチムジャン)として宮中で王の衣服を作り続けてきたドルソクは、その功績を認められて間もなく両班(ヤンバン)の栄誉を与えられようとしていた。
かたくなに規則と伝統を守って作り続けたドルソクの前に、新しいデザインで娘たちの衣装を作って市井で話題になっている若き天才仕立師ゴンジンが現れる。
そのゴンジンは王から疎んじられて孤独に悩む王妃の存在を知り、彼女を助けたいと立ち上がる。
サンイウォンの職人となったゴンジンは、ドルソクにとって気になる存在になったが、やがてお互いの技量を認めるようになり、いつの間にか親子のような師弟のような存在に変わっていく。
ドルソクの長年にわたって身につけた確かな技術、ゴンジンの伝統を破った画期的なセンスというところか・・・。
ゴンジンの作った衣装を着けて注目され始めた王妃だったが、清の特使を接待する宴に出席することには消極的だった。
だが、「今まで誰も見たことのない衣を作り、誰よりも輝かせて驚きでみんなをクギ付けにしてみせます・・・」と、ドンジンは説得するのだ。

この映画のハイライトはこの時の王妃の衣装だろう。
まさにどんな衣装で現れるのか固唾をのむ瞬間・・・。
ドルソクの精魂込めた豪華な衣装を着て得意げに歩む側室の後方から、歓迎されない王妃の登場を告げるドンジンの絶叫・・・。
まさしく誰もが息を飲み、やがて立ち上がって拝礼して王妃を迎えるのだ。
純白で長いトレーンを引く韓服は豪華で気高く、重苦しい入れ髪を外した簡潔なヘアスタイルの斬新さに、居合わせた人々は度肝を抜かれる・・・。
言葉を失って王妃を見上げるドルソク・・・。
王妃として迎えたものの一度も愛することなく、その存在さえ無視し続けてきた王は、初めて彼女を美しいと思い意識し始めるのだ。
それと共に、王妃の衣服を作ったドンジンの存在に嫉妬し始めたことが、悲劇の始まりであっただろう。
王の命令とはいえ姑息にドンジンを追いつめたドルソクは、ドンジンを失ってから初めて彼がどれほどドルソクを尊敬し愛していたかを知るのだ・・。

コ・スが素晴らしい演技で魅せる。
ユ・ヨンソクの王もよかった。
宮中の様々な部署での生活を愛憎ドラマで描く韓国に対して、日本ではこんなドラマは見ない。
韓国映画ステキ~・・・と思った。



またまた映画なんだけど・・・

不安が的中、やはり宇多津では上映がなかった・・・。
でもこれはどうしても見たかったので行ってきた。
映画は一人で見るのでいいのだけど、見たいかどうかためしに友人に聞いてみた。

アブデカ・・って何?
エーッ、あぶないケイジじゃなくてデカと読むの?
そんな映画見たくないわ…

ま、答えはわかっていたけれど、見たいと思う自分の方がおかしいのかと勘違いしそうになった。
そんなわけで「さらば、あぶない刑事」を見てきた。
面白かった、やっぱり・・・。
ホントにあぶない場面がないものねえ。
全てが軽いし深刻じゃない。
「あぶ刑事」はこういう映画だと理解しないと面白くない。
主役の二人はともかく、今では渋い演技で主役を張っている仲村トオルが、上司になっているのに二人に頭が上がらないトオルに戻っていた。

ご多聞にもれず、主役たちの番宣をテレビでいっぱい見てきたのだけど、ラストはどうなるのか知らなかった。
ラストシーンで、大勢の敵の前に銃を構えて飛び出す二人がストップモーションで止まった時、「明日に向かって撃て」を思い出した。
まさか・・・?
追いつめられたブッチとサンダンスが自分たちの夢を語り合ったあと、敵の前に飛び出して画面がストップして映画はそれで終わる。
このあと二人が助かったとは誰も想像しなかっただろう。
でもこのタカとユージは死なない・・・。

タカはあくまでダンディーで、ユージは本当にかっこいい。
ユージが走る場面は若いころと同じようで見とれてしまう。
ホントに60歳過ぎてるの?
メタボにもなってなくて昔と同じでスリムで、柴田恭兵は何で今こんな軽い役が出来るんだろう?
何十年も昔に映画「チンピラ」を見て以来ファンだった・・・。

期待を裏切らない映画だったけど、女性二人はちょっときつかった・・・。
オーバーアクションの浅野温子は役柄として目をつむっても、木の実ナナの厚化粧には驚いた。
同年輩の俳優たちが映画で活躍するのはうれしいことだけど、あんまり容姿が衰えた姿は見たくない。
その点主役の二人、舘ひろしと柴田恭兵は出来上がったイメージの主人公たちを、昔と変わらず演じて楽しめた。
でもこれで最後と謳っているからホントに最後にしてほしい。
番宣に出演した仲村トオルが「(またこの役を演じて)これまで俳優として積み上げてきたものが、ガラガラと崩れていくのを感じる・・・」と笑い話のように話していたけれど、あれ結構ホンネかもねえ・・・。

映画「人生の約束」

宇多津にイオンシネマが再開して喜んでいたけれど、見たい映画がかからない。
「杉原千畝」しかり、今回の「人生の約束」しかり・・・。
月末には「あぶない刑事」を見ようと思っているのに大丈夫なのかなあ??
5月ごろ封切りになるらしい「64ロクヨン」も楽しみにしているけど・・・。
竹野内豊主演のこの「人生の約束」は番宣で見て興味が沸いた。
そんなわけで綾川まで行くことになった。

友人と二人で作り上げた会社だったが、お互いの目標の違いに気づき、親友を追放に近い形で辞職に追いこんだ中原祐馬が竹野内の役。
押しが強く自信の塊のような男だったが、ずーっと無視していたかつての親友航平からの電話がきっかけで、彼の故郷富山県新湊を訪れて彼の死を知る。
そこには航平が愛した人たちがいて、彼らが愛してやまない曳山があった。

最後まで出てこなかったけれど周囲の人々に好かれ慕われた航平とはどんな人なんだろう?
その人物像は人々の話から徐々にあらわになってくる。
彼の地元四十物(あいもの)町内の大事な曳山が隣町に渡ったと聞いた中原は、取り返してやろうと「幾らなら返してくれるか?」と隣町の町内会長に傲慢な態度でせまり、金がすべてではないと一喝され立ち尽くす衝撃的なシーン・・・。
中原の自信が砕ける。何か間違っていたのか・・・?
折しも中原の会社に強制捜査の立ち入りが入り、部下の失態を責め全ての責任を取らそうとする中原に、幹部社員たちも失望し背を向け、彼は積み上げたものすべてを失ってしまうことになる。

航平が故郷の曳山に惹きつけられたように、中原もまた気になり始め彼なりに曳山を何とかしたいと考える・・・。
騒動もあったが、町内会の話し合いで曳山は隣町と合同で曳くことになり、祭りの日を迎えようとしていた。
航平の忘れ形見の瞳との約束、最初はケンカ腰だった地元の青年たちとも交流ができ、彼らが愛したものをやっと理解し始めた中原は、航平の法被を着て祭りに参加することで人生の出直しを誓うのだ。
「失ってから初めて失ったものの大切さ大きさに気づくんだよ・・・」
これは西田敏行扮する四十物町町内会長のつぶやきなんだけどホントにそうだと思う。
辛いことに、失わないとわからないんだよねえ・・・。

突然ビートたけしが現れてビックリ!
いいところでいい役で出て来る・・・。
西田敏行はじめ柄本明もピッタリの役柄で要所を締める。
若い人たちもたくさん出ているが、中でも印象的だった瞳役の少女、何てきれいな子なんだろう、初めて見ると思ったら、国民的美少女コンテストでグランプリの子だそうだ。
映画初出演だそうで演技は幼いが伸びやかで美しく、今年きっとブレイクするのではないかと思える。
松阪桃李は歯に衣着せぬ言い方で中原を非難した実直な社員を演じた。
そしてそれが航平の去り際の頼みだったということを明かす。
「社長が間違っていると思ったら、誰も言わなくても決して遠慮せず臆せず苦言を呈してくれ」と・・・。泣かせる。
気は荒いが心優しい漁師で航平の義兄役江口洋介も、有能な秘書役優香もみんな好演だった。
何より、スマートだがエゴイストの成り上がり社長から、人の情や絆に気づく熱い男に変わる中原を演じた竹野内豊ははまり役だったと思う。
あのさわやか青年を演じた「ビーチボーイズ」はもう何年前になるのだろうか?
彼もまた中年になっていい男になったよねえ・・・。

イルミネーションに輝く東京の街は華やかだが、なぜかそれが虚像に見えそうになる。
提灯をともした夜の曳山の鮮やかさと動的な映像、対照的に静まり返った翌朝の新湊の海・・。
赤い灯台のバックに雪をかぶった美しい山々が見える。
張り詰めた空気は冷たいが人は熱い、そしてこんな高い山に囲まれた場所なんだなあ、富山県って・・・。


韓国映画「王の涙」

簡潔に訳された言葉がいい。
翻訳のひどい映画やドラマは、間違いなく作品の価値を下げる。
正祖が、正体を暴かれ捉えられたカプスに、遠い日の思い出をあげ「あの日は刺客だったのか?」と、問いかけるシーンが印象的だった。

1年生の孫が大好きなドラえもん・・・、ダビングしたものを何度も何度も飽きずに見ているので、新しいものを見せてやろうと思ってビデオショップに行ってみた。
ドラえもんはたくさんあって選ぶのに困るくらいだったのだけど、ついでにのぞいた韓国ドラマゾーンで気になっていた映画を見つけた!
「逆鱗」という仮題で紹介されていたヒョンビンの初時代劇映画だ。
以前たまたま宇多津のTSUTAYAに行った時、どうしても「逆鱗(ゲキリン)」が思い出せず、「激甚・・・?」だったと思うのだけどと適当なことを言って店員さんに探してもらった。
あるはずないよねえ・・・。
でも「逆鱗」で探してもなかったはずだ、だって題名が変わっているんだもの。
「王の涙」という題名になっている。
「逆鱗」の方がドラマチックで私は好きだけど・・・。
「王の・・・」というタイトルはもう食傷気味だ。

朝鮮王朝もっとも有名な王であるイ・サンを描いた映画で、ヒョンビンが若きイ・サンを演じている。
イ・サンと言えば何といってもイ・ソジンが有名で、長編ドラマで描かれたイ・サンの波乱の生涯に感動した。
知的でむしろ明るいイメージだったイ・ソジンのサンに対して、ヒョンビンのサンは感情を殺し笑わず誰にも心を開かない。
悩ましい正祖の心の根底には、幼いころに経験した父である思悼世子の無残な死が、暗い闇となって漂っていることは間違いない。
常に暗殺の脅威に晒され信じる人のいない世界で、孤独なサンが心の中でただ一人信頼していた尚冊(サンチョク)のカプスが、幼いころから王の暗殺のために送り込まれていたと知った時の驚きはどれほどだっただろう・・・。

幼い子どもを悪に仕立て上げる闇の組織で巡り合った二人の少年は、番号で呼ばれる組織内で密かに名前を付けてカプス・ウルスと呼び合った。
兄貴分のカプスは宦官として王のもとに送り込まれるのだが、長年の間にいつの間にか王を慕い守ろうとの思いが芽生えてしまう。
一方のウルスは腕を磨き朝鮮一の人斬りとなり、最後の標的として王の暗殺を命じられる。
二人は幼い頃に別れたのでお互いを知らないまま、正祖暗殺の場で顔を合わすのだ。
一目でウルスだと見抜くカプス・・・。

この映画は批評家の間では酷評されたらしい。
特に主役のヒョンビンは除隊後の第一作目だったのだが、思ったほど評価されず脇役が目立ってしまったとか・・・。
確かに脇を固めた人たちは達者で、中でもカプス役チョン・ジェヨンとウルス役のチョ・ジョンソクには惹きつけられた。
何かのドラマで出会っているかもしれないが、私にはこの二人の作品は思い出せない。
そして何年か前のドラマ「イ・サン」では、生涯正祖に愛されたソンヨン役で可憐な演技を見せたハン・ジミンが、今回は王大妃として悪役で登場して、磨かれた美しさと貫禄を見せる。
王をもしのぐ大妃の権力は、何度この手のドラマをみても理解しがたいところはあるのだけど・・・。

でも髭を蓄えたヒョンビンよかったよ~。
ミーハーファンの私にとって、彼はどこから見てもきれいだもの。
冒頭の筋トレシーンは驚きで、あの筋肉の動きには絶句・・・。
いくら普段から鍛えているといっても、あれだけの体を作り込んで臨んだことで、ヒョンビンのこの作品にかける意欲が伝わってくる。
多くは夜の暗闇でのシーンや、室内での暗いシーンが続き重苦しい気分だったが、一つの危機を命がけでしのいで見上げた空は驚くほど青く、部下たちと馬を駆けるラストシーンは、正祖の未来を暗示しているようだ。

イ・サンという人はドラマで多く演じられているので、その生涯や祖父・父親との関係はあまりにも有名で、つい他のドラマとも比べてしまう。
思悼世子の死の真実を追求した「秘密の扉」も最近見たばかりなので、いろんな思いが錯綜する。
イ・ソジンの「イ・サン」も見直してみたくなった・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR