FC2ブログ

完成しました

しばらくさわってなかった作り掛けのヘリバッグ・・・。
出来た出来ました
KC3O0097.jpg 
急に作ろうと思い立って、裏地用のはぎれやファスナーを買ってきた。
持ち手はレザークラフトの残りの皮で作ろうと思っていたので、柔らかめの皮を選んで作ってみた。
薔薇の飾りも付けたかったので自己流で作った。
しかし簡単ではなかった。
何回縫い直したことか
とにかく製図が苦手なので、出来上がった表の現物に合わせて裏を作るやり方・・・。
ファスナー付けは相変わらず苦手だ
細かい処は手抜きで大まかな仕上げなんだけど、何とか仕上がってホッとした。
一度投げ出した時は、完成するとは思ってなかったのでうれしい・・・
いつも、どちらかといえば重い皮を扱っているので、このヘリバッグはホントに軽い
軽過ぎて驚くほどだ
ちょっと季節的に外れた感もするが、しばらく使ってみようかな
スポンサーサイト

映画「ツナグ」

なんて静かな映画なんだろう・・・。
三つのエピソードだけでは少し物足りなかった。
泣けるようなことはなかったが、心に染入るような映画だった。
でも本当に、亡くなった人に会えたとしたら、もっと驚くのではないだろうか。
腰が抜けるかもしれない・・・。

「ツナグ」とは使者・・・。
生ある者と死者とをつなぐ。
どうしても死者に伝えたいことがある人が、「ツナグ」に頼んで死者にその思いを伝えてもらう。
死者からOKが出れば、一夜会うことが可能となる。
ただし生涯で一度しか、「ツナグ」を使うことはできないのだ。
「ツナグ」にお願いするなら、会いたい人が私にもいる。
早くに亡くなった父にも、苦労ばかりで世を去った母にも会って、孝行出来なかったことを詫びたい。
けれどたった一人となると、もっと会いたい人がいる。
でも会えば次の別れに耐えられないだろう・・・。
映画のように心は平穏には戻らない気がする。

「アユミ」の松坂桃李は静かなたたずまいで、「ツナグ」を伝承しようとする若者を淡々と演じる。
観客の我々と同じように、アユミも「ツナグ」という行為に疑問を持ち、葛藤しつつも使命を全うしようとする。
祖母の「ツナグ」の見習いをする過程で、自身の両親の凄惨な死の真相も受け止めることになり、アユミは心の整理を付けることができたのだろうか。
アユミが祖母からその技を受け継ぐところで映画は終わる。
有名俳優たちがちょっとだけ顔を出している。
仲代達矢・八千草薫を始め、アユミの両親役に別所哲也・本上まなみが出演していた。
それらの人たちより大きな存在感で、樹木希林が祖母役を熱演している。
何だかこの人、最近いい映画にいっぱい出ている気がする。
若い頃はむしろ変人みたいだったのに、歳をとって花開く人はいいなあ・・・と思う。
またいい映画を見たいという気持ちになったのだけど、今日の館内は10人もいなかった。
この映画大ヒットしたそうなんだけど、地方では映画人気下火なのかなあ・・・。

自己満足・・・?

今、パソコン教室でExcelの関数を習っている。
ホンの一部を習っただけだけど、こんなに便利な物があるのかと毎回驚く。
関数といえば、今までオートSUMの合計しか使ってなかった。
現役で事務仕事でもしている時なら、ずいぶん役に立つと思う。
今は残念ながら習ってもあまり使うことはない・・・。
だからというわけではないが、習ってもすぐ忘れる。
前回勉強したところの復習から始めてもなかなか進まない・・・。
同じところを何回もやっている。
先生は大変だ・・・。
それだけに「フーン・・・」と理解出来た時はうれしくなる
昔、タイムカードの時間計算で苦労したことがあったけど、これもTIME関数を使うと簡単なものだ。
パソコンは長年やっているけれど、まだまだ使いこなせていないとつくづく思う。
先生そこのけでおしゃべり半分の教室なんだけど、最近この関数の勉強をした後は思わず
「あー、よく勉強したね
「今日は脳みそを使ったねえ・・・」と、皆かなりの充実感を味わっている。

JR・・・

pics1579のコピーのコピー

JRを利用するときはいつも少し緊張する。
何しろ年に1回か2回の利用なんだから・・・。
小さな田舎の駅だけど、ホームや乗降口を何回も確認する。
それが新幹線となるともっと大変だ
最初は神戸まででも指定席を買っていたものだ。
でも時間帯にもよるが、自由席が空いている時もあることがわかって・・・。
自由席を利用して、しかも急がない時は別に「のぞみ」でなくても、「ひかり」でも「こだま」でもいいと思えるようになった。
自由席の乗降口までは、ホームをうんと歩かないといけないことも覚えた・・・
都会の駅では、切符を買うのも全て機械化されているので、最初はオロオロした。
それも歳の功というかどうか、厚かましさでカバーしてきた。
年に1回程度の利用でも、何年か続けていると慣れるものだ。
少しづつ便利なことを覚えて利口になった
神戸に行く時は、いつも往復新幹線を利用していたが、今年初めて帰りは高速バスに乗ってみた
料金は半額くらいになった
そして今回、いつもは乗って行った車を有料駐車場に預けていたけれど、JRの料金が2000円以上なら専用のパーキングを無料で利用できる制度があると聞いて利用したみた。
岡山までなので往復でも1900円のところ、行きだけ特急券を買って+500円でOKとなった。
「パーク&ライド」というシステムだそうだ。
いろんなことを知っていると得をするなあ・・・
今日はしかも、帰りは特急を利用しないで帰ってきた。
金額はたいしたことはないが、何か新しいことを覚えた充実感で満足できる。
情報アンテナはいろんな方面に張りめぐらしていないといけない・・・
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR