FC2ブログ

新大阪駅で・・・

新大阪の駅って一日何人の人が利用するんだろう・・・。
新幹線の待ち時間が30分くらいあったが、ウロウロするのもしんどいので、待合室で座ろうと思って空席を探した。
どこもいっぱい・・・。
実は携帯の充電が少なくなったので、モバイル席で充電もしたかった。
だがそこで座って眠っている人もいる。
荷物を持ったまま5分くらい待っていたら一つ席が空いた。
やれやれ・・・。
席に座って何気なく人間観察をしていた。
私の横に座っている若い女性は、おもむろにおにぎりを取り出し食べ始めた。
手は携帯をいじっている。
その子は一人のようだったが、座っている人たちはたいてい連れがいて、荷物を置いて一人が席を離れ、一人が留守番をしている感じの人が多い。
そのうち前の席が一つ空いて、ずーっと待っていたような若い男の子が座った。
スーツを着てカバンを持っている。
カバンを膝に置いて、若者お約束の携帯を取り出した。
と思ったら、すぐに足を引きずる様子の70代くらいの女性が二人近づいてきた。
黙ってニコニコ笑っている。
二人は何も言わないでその青年の前に立った。
彼は悪びれることもなく、当たり前のように笑顔で席を立った。
なんて育ちのいい子だろう・・・。
おばあちゃんたちは当然と思っているらしい。
ありがとう・・・って言ったかしら。
そのそばには、自分の食べた弁当のカラを足で椅子の下に押し込んで、携帯のゲームに熱中している若者もいるのに・・・。
二人はその子の前に立てばよかったのにねえ。
でも多分その若者は知らんふりをするかもしれない・・・。
どこでも席を譲られるのが当たり前と思っている老人も、少し厚かましい気がする。
しばらく立っていれば、誰かが譲ってくれるのではないのかなあ・・・。
そのくらいの良心は誰もが持っていると信じたい。

そういう私もこの席に座る際、中年の男性と同時になった。
その男性がどうぞと私に譲ってくれたのだけど喜んでいいのかな?
私は立っている老人がそばにいれば多分席を譲るつもりだけど、譲られた方は素直にありがとう・・・って言ってくれるかしら。
私も微妙な年齢なんだものねえ。
スポンサーサイト

大塚美術館

以前行ったことがあるのだけど、あまりに設備がBIGなのでホンの一部しか見ることができなかった大塚美術館・・・。
思いが同じ友人が二人いて、初めてだという友人一人も交えて4人で行ってきた。
ちょうど台風接近中でちょっと不安でもあったけれど、結局雨も降らず素晴らしくきれいな青空を眺めながらドライブしてきた。
運転はやはり私、鳴門方面はトンネルがないと思っていたら大間違い、5つか6つはあった。
ほとんど1キロ未満で何とか行けたけれど、香川徳島県境のトンネルは2キロ以上あった。
でももう走っているのだから引き返すわけにもいかない。
グンと減速して走りきった。
平日で高速が空いていてよかった・・・。

さて大塚美術館まで約1時間半、案外早く着いた。
今回こそ前回見逃した絵を見ようと思っていたのだけど、帰る時間になってもやはり満足感がない・・・。
でも頭の中はいろんな絵がぐるぐる回っている。
B3階から2階まで上がったり下がったり・・・。
自分が今どこにいるのかわからなくなってくる。
何だか前回と同じ絵ばかり見ている気がする。
もう全部見たのかしら・・・。

最初はまず館内ガイドに付いて回って、人気ベスト10の絵10点を見ていった。
「真珠の耳飾りの女」「ゲルニカ」「ひまわり」・・・あと何だっけ・・・。
有名な絵ばかりだ。
大塚美術館 (16) 大塚美術館 (41)
人気一位は「モナリザ」だったが、私の中の一位はいかにもロシア人らしい女性を描いた「見知らぬ女」・・・。
たしか以前来た時にも印象に残った覚えがある。
高慢そうな若い女性の視線は冷たく見える。
娼婦か高貴な婦人か・・・。
美しい・・・。ロシアのモナリザだと説明が入っていた。
作者は知らない人だけど、私のお気に入りにしよう。
大塚美術館 (22)
もう一つ今回とても気にいった絵がある。
「エデンの園」とネーミングされていた、寒空に黒いコートを身にまとった男女が談笑している。
いかにもわけあり風でもあり、幸せな夫婦のようにも見える。
どっちなんだろう・・・。
大塚美術館 (40) 大塚美術館 (43) 大塚美術館 (46)
ちょうど6月になって睡蓮も可愛い花を咲かせていた。
モネの絵のように美しかった。
そして空が抜けるように青くて、淡い雲がそれを引き立てていた。
いい時期に行けてよかった・・・。
帰りながらもう一度行きたいと、また心の中で思っていた。

電車の中で・・・

自分の住んでいる地域ではあんまり電車に乗ることがないのでわからなかったが、たまに都会に出て電車に乗ってみたら驚く風景に出会う。
今回も旅行の際、東京で何度か電車に乗ったのだけど、座っている人はもちろん立っている人も、若い人たちはほとんどがスマホをいじっている。
連れがいる人たちも黙ってそれぞれに熱中している。
とにかく静かだ。
イヤホンを付けた人も付けてない人もいるが、皆が無言でそれをいじっている様は何だか異様だ。
ジッと音楽を聴いている人や、ズーッといじりっぱなしの人もいる。
昔は新聞や本を読む人が多かったと思うのだけど、今ではそれらさえもスマホで見ることができる時代なんだもの。
そういう私も、ちょっと長い距離を歩く時はiPodが手放せない。
旅行にも必ず携帯する。
一人で乗り物に乗る時は退屈しのぎに重宝する。
もう少し充電時間が長くなればiPhone一つあれば、音楽・情報・読書・カメラなどが全て楽しめる。
ホントに便利な世の中になったものだ。
そうかと思うとある電車の中では、スマホに夢中の人たちをしり目にウトウトと居眠りしている人も見た。
若い女性だったのだけど、右左と揺れている様子を見ていると何だかホッとした・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR