FC2ブログ

私のオリンピック

騒がしかったオリンピックが終わった。
結局金メダルどころかメダルには手が届かなかったが、浅田真央のフリースケーティングが人々に賞賛されている。
ショートで惨敗しておそらく開き直った思いで臨んだのだろう・・・。
今までで最高のすべり、そして点数も自己最高だったという。
こういう採点競技はすべての人が納得する結果が出るはずがない。
でもやはり私はおかしいと思う。
浅田選手は誰も飛ぶことのできないトリプルアクセルを始め、女子では世界で初めて全ての種類のトリプルジャンプを8回飛んで、しかもほぼノーミスで滑り切ったという。
なのにフリーでは3位である。
そんなのってある?
言ったってしかたないことだけどバンクーバーでもそうだった。
トリプルアクセルを飛んだのにキム・ヨナに負けちゃったねえ・・・。
じゃあこだわってトリプルアクセルを飛んだ意味があるのかと思う。
ジャンプの難度を少し下げて、他のステップやスピンなどを無難に仕上げた方が、メダルに届いたのではと思ったりするのだけど・・・。
ショートでは確かにジャンプも失敗した。
キム・ヨナも本当に憎らしいけどきれいだった・・・。
でも優雅に滑り切った浅田選手のスケーティングは、トップと20点も差が付くとは思えないなあ・・。

男子の高橋大輔もショートが終わった時、とても逆転が無理なくらいの差が付いてしまって目を疑ってしまった。
ジャンプが全てではないはずなのに・・。
大ちゃんに関しては、オリンピックの直前にショートの音楽でミソがついてしまった。
今言う・・?というタイミングでゴーストライターの会見があって、一挙に変な騒ぎに巻き込まれてしまった。
大事な大舞台の前に繊細な神経に影響を与えないはずがないよねえ。
こんなことを言うのは贔屓の引き倒しってやつ・・・?

もう大ちゃんは多分引退するだろうし、男子フィギィアには新エースが誕生したので心配ないだろうけれど、もう彼の演技が見られないと思うと寂しくてたまらない。
来月の世界選手権が終わると、もうビデオを見るしかなくなる。
今でも時間がある時、いや自分が寂しい時かな?元気が欲しい時かもしれない・・・。
録画してある大ちゃんのビデオを見る。
彼のスケーティングを見ていると心が落ち着いて、静かな気持ちがみなぎって来るような気がする。
失敗していない完ぺきに近い演技を見ると、それはもう「快感・・・」に近い・・・。
「道化師」もよかったが、「Blues For Klook」がやはり私は一番好きな曲だ。
勝てなかった今年のグランプリシリーズだったが、最後のNHK杯で優勝した時のショートはほぼ完璧に決めた。
小さなガッツポーズもよかった・・・。
若いころの勢いのあるヒップホップの「白鳥の湖」もかっこよかったなあ。
もう彼の全てが好きなんだけど・・・。
日本のフィギィアをけん引してきた、大ちゃんと真央ちゃんの二人の最後のオリンピックは、奇しくも二人とも6位で終わったねえ。
でも一位より記憶に残る6位だったと思うよ・・・。
スポンサーサイト

葬儀で思ったこと

友人のお姑さんが亡くなったという連絡をもらって、土曜日にお葬式に行って来た。
亡くなったのは96歳のおばあちゃんなんだけど、驚くなかれご主人様もお元気で98歳になるそうだ。
年2回のお食事会でその友人に会う度に、お舅さん夫婦の元気さを聞いていただけに、これはホントに夫婦で100歳も夢ではないと思っていた。
世の中にはお元気でこんなに長生きできる夫婦もいるのだと、心からうらやましく思っていた。
そう、ご主人の方は今でも車を運転するそうで、それは心配だとも言っていたっけ・・・。
年をとるとあまり元気すぎるのもダメなんだねえ・・・。

葬儀に参列するのは久しぶりだったが、会場となったのは市内の葬祭場だ。
寒い日だった。コートを着込んで行った。
その日は4件の葬儀があるようだった。
10時開始の式は定刻通りに始った。
葬儀参列時の常識・・・なんてTV番組で、お焼香のマナーなども何回も見ているはずなんだけど忘れてしまっている。
そしていざとなるとお焼香って何回だったけと思ってしまう。
何回でもいいっていう先生もいれば、1回とか3回とか聞いた気がする。
こういう会場で並んでお焼香を待つ時は、もう1回にしようと決めている。

ところで葬祭場で行う葬儀では、たいてい故人を偲ぶアナウンスがありそれがとても気になる。
あの恐ろしくゆっくりとした女性の声で、天国・旅立ち・お別れ云々というようなフレーズを並べるのはどこでもやっているのだろうか?
もし私が当人だったら絶対にいやだ。
馬鹿丁寧な言葉に背中がこそばゆくなりそうだ。
自分の葬儀は、ひっそりと家族だけで送ってくれたらいいと思っている。
できたら自分の好きな音楽を流してほしいけれど、まあお経でもいいわ・・・。
そういうことを息子たちと話し合ったことはない。
まだまだと思ってはいるが、こればかりはいつになるかわからない・・・。
死ぬまでに考えたり話し合ったりする時間があればいいが、突然の別れになるかもしれないのだ。
やっぱりエンディングノートを作る必要があるのかなあ・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR