FC2ブログ

ロト6はやめられない

宝くじが大好きでよく買っている。
最近はもっぱらロト6ファンで、月に一度忘れなければ買うようにしている。
ただし投資金額は2千円に決めていて、もちろんほとんど当たることはない。
たまに千円が当たると、「バンザーイ」と思うのだから可愛いものだ。
千円って6個の数字のうち、3個が合った時にもらえる。
それがそれが・・・今回確認してみると、なんと数字が4個合っていたのだ!
6個のうち4個合ったのは初めての経験・・・。
これは大変だウン十万円かもしれない・・・。
ワクワクしながら確認しようとしたけれど、netではっきりわからなかった。
1等は6個全ての数字が合った時で賞金もこれは億の世界、2等が5個で1千万円程度、そしたら4個は少なくともウン十万円じゃないの?
売り場に行って聞くに限る・・・と思って翌日行ってみた。
売り場の女性にロト6の当たり札を見せると、「おめでとうございます、4等1万百円です」と言われた。
「えーっ、4個なのに3等じゃないの?」とがっかりした私に、「4等なんです。でも4等でも何千円の時もありますから今回はいい方ですよ。千円でもなかなか当たりませんよ」と慰めてくれた。
そうだねえ、考えてみる1万円当たるなんて本当にラッキーなことだワ。
気持ちが大きくなって、貰った賞金でしっかり次のロト6と、売り出し中の宝くじとスクラッチを買った。
それでも少しは残しておこうと思って、千円残して総額9000円の散財をした。

実は買ったスクラッチは帰ってさっそく削ってみたのだけど、20枚買って最低の2百円が2枚と、5百円が一枚当たっていた。
4千円が9百円になったわけだけど、お金の計算をしていたらとても宝くじは買えない。
まさしく夢を買っているんだもの・・・。
スポンサーサイト

メール料金のこと・・・

友人と話していて、ふとケータイでのメールが話題になった時のこと・・・。
「そうそう・・」と思いだしたように友人が言った。
「いつもメールの返信の時、私が送信した分もそのまま送り返すのはやめてね」。
いつかケータイの請求料金があまりに高いので調べたら、そんな長文メールのせいだったと言う・・・。
エーッ、全部私のせい・・・?
私たちそんなにメールのやり取りしてたっけ?
そう、たしかに写真などをそのままのサイズで送ったら、受け取る方も料金が発生して迷惑になることは知っていた。
でも写真を送ることは稀だし、もちろん縮小して送信している。
そしてiPhoneを使っている私は、設定の変更で多分、受診部分を削除して返事を送信できると思うのだけど、自分ではわからないので今のところやっていない。
手動で受診部分を削除することはできるけれど、めんどくさいのでそのままにしている。
それって迷惑だったんだねえ・・。
メカに強い彼女のことだから、多分私の返信メールに「まただ・・」とイライラしていたのかもしれない。
でも私は私で、彼女とのメールが一体月に何通だろう?と思わず調べそうになった。
数多いわけではない。
むしろ彼女のメールこそ、どうでもいいようなことをかなりの長文で送ってきたりする。
それをそのままで返信するので、結果長い文章になってしまうのだ。
ケータイの料金も気にしないで使っている、ノーテンキな自分をちょっと反省しながら、世の中にはいろんなことをキチンと計算している人もいるのだと思った。でもそれが当たり前なのかもしれない。
そう思いながらも彼女の高いケータイ料金が、全て私のメールのせいではなかったと何とか証明したいと思っているのだけど・・・。

日記の処分

かつて10年日記なるものを書いてしまったことがある。
10年も書けるだろうかと思いながら、10年はいつの間にか終わってしまった。
その10年は私にとって激動の10年だった。
息子の就職・結婚、孫たちの誕生、そして大黒柱であった人の病の発覚から闘病・辛い死も、後を追うように亡くなった母の思い出もいっぱい詰まっている10年なのだ。
もともと人に見せるものではないので、悪口ではないがけっこう本音を書いている。
今となってはその処分に困ってしまった・・・。
自分が死ぬまでには何とかしなくてはならない。
大きさにすれば、A4サイズで2センチくらいの厚さである。
ゴミ袋に入れて出しても決して非難されるものではないが、さすがにそのままでは気になって出すことができない。
焼却処分も意外と大変なので、「そうだ、やはりシュレッダーにかけよう!」と決心した。
たまたま事務所で使っていたシュレッダーを買い替えたので、古い方を私が貰ったせいもある。
でもいざシュレッダーにかけようとすると大変だった。
まず読み始めてしまう・・・。
これが一番時間がかかる。
あの時こんなことがあったなどと思い始めると、処分することで大事な思い出が失われるような不安な気持ちになってしまう。
そのあと思い切って2~3枚づつくらいシュレッダーに入れていく。
本当は何かを書いて残しておかないと全てを忘れるくらい、思い出は忘却のかなたに消えようとしている年齢だ。
しかし折角の記録だけど息子たちの心の負担になっても困るし、迷惑をかけるのも申し訳ない。
日記に限らずものを残すのは考え物だ。
身辺はなるべくさっぱりとしておかないといけないとつくづく思う。

シュレッダーは時間がかかるし、ゴミの量も半端ではない。
大き目の容器なんだけどすぐいっぱいになる。
時間がある時少しづつやり始めてやっと8月まで終わった。
私の10年は何杯のゴミ袋に詰められることになるのだろう・・・。

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR