FC2ブログ

韓国ドラマの時代劇

面白い韓国ドラマを前後して2本見た。
両方とも時代劇なんだけど王様の純愛だ。
一つは19代王の粛宗(スクチョン)、歴史上悪名高い張禧嬪(チャン・ヒビン)を愛した王様・・・。
ドラマ「チャン・オクチョン」は、後に禧嬪となるチャン・オクチョンを主人公に描いているので、オクチョンが正義として描かれている。
賤民だったオクチョンは王の花嫁候補にはなれなかったが、選ばれた王妃よりも王の印象に深く残りやがて側室として王宮に入っていく。
最初は王の側室としては最下級の淑媛(スグォン)という位だったが、たとえ位はなくとも王に愛されることに満足していたら悲劇は起こらなかっただろう。
しかし常に上を目指し続けたオクチョン自身がたとえ無欲であったとしても、彼女を取り巻く周囲が黙っていないのだ。
身内から側室が出れば、あらゆる伝手をたどって権力を手に入れようとする人々が群がる・・・。
オクチョンも側室としては最高位の正一品の嬪の位に上り詰めるのだけど、王の世子を儲けるとやがてそれに満足できなくなり、嫉妬にさいなまれ反対派勢力の陰謀に堕ちてしまう。
そんなオクチョンを粛宗はホントに一途に愛し続ける。
正室である中殿には目もくれず、最後までオクチョン一筋を貫く若く強い王粛宗を、ユ・アインが演じて、見ている方も心ときめく。
美人で有名なキム・テヒがオクチョンを演じていて、二人は美しくまるでラブストーリーだ・・・。

そしてもう一つのドラマが「太陽を抱く月」で、同じく王様の純愛が描かれている。
ただしこれは実在の王ではなくフィクションの王で、世子のころ好きになった少女ヨヌを望み通り世子嬪として迎えるのだが、我が子を世子嬪にさせたかった重臣と祖母である大王大妃の企みにより、愛する人を失ってしまう。
深い失意のまま王となり、初恋の彼女を忘れられずに苦悩する若き王イ・フォンを演じるのはキム・スヒョン・・・。
ちょっと少年の面影を残す王様は快活・辛辣で、ヨヌを思い続け正室を冷たく突き放す男らしさには思わず胸キュンし、、家臣たちをやりこめるシーンは惚れ惚れしてスカッとする。
細かいニュアンスがわからないのがもどかしいが、重厚なセリフの言い回しが何ともカッコいいのだ。
韻が好きだと言った方がわかりやすいだろうか?
王を取り巻くイケメンたちもたくさん出てくる。
少年少女時代を演じる子役たちと、成人してからの役者が印象が違って戸惑う部分があるが、子役時代が重要な意味を持つのでいたしかたない。
運命に翻弄され王は孤独に閉じこもり、少女ヨヌは巫女としてさまよう寂しい半生を歩むのだけど、中でも悲劇の結末を迎えるのが王の兄陽明君(ヤンミョングン)で、側室の子故に王の長子でありながら世子となれず、自由な身の王族としてフォンを支えていたが、彼もまたヨヌを愛し続けていたのだった。

この二つのドラマに限らず王室ものに共通するのは、女性の力の強大さだ。
王とはいえ、母親である大妃(テビ)、祖母にあたる大王大妃(テワンテビ)には頭が上がらない。
彼女たちは政治に口を出し、王を操り勢力を取り込もうと企む。
そして大妃と大王大妃は大抵仲が悪く、王を挟んで対立するのだ。
たまたまだったが二つのドラマの大妃役が同じ女性で、「チャン・オクチョン」では王に愛されない中殿を援護し、オクチョンを激しく憎む。
一方の「太陽を抱く月」の大妃は少し穏やかであたりさわりない母親、暗躍するの大王大妃の方だった。
憎たらしかったよ・・・。

24話と20話で長さもちょうどいい感じで、今要所要所を見直している。
どちらのドラマも面白く王がカッコよくて、正室である中殿を全く顧みずに初恋の人に一途な愛を捧げる共通点がある。
眉目秀麗、清廉闊達、言語明快・・・、王を何と表現するか我ながら乏しい語彙能力がもどかしい。
何か弱点を見つけて抑えつけようとする重臣たちに、媚びない凛々しい王であることも共通している。
面白さとしては、チャン・オクチョンの話は有名すぎて最初から結末がわかっていたので、8年前の謎解きをして自ら愛する人を取り戻したイ・フォンの初恋ストーリーがよかったかなあ・・・。
スポンサーサイト

旬のもの

今朝突然に鼻炎症状が出て、鼻水鼻づまり地獄に陥った。
鼻をかんだり鼻水をすするばかりで頭が痛くなる。
長い付き合いの鼻炎だけど、ここ数年は症状がおとなしかった。
いやな奴が久しぶりに現れたなと思ったら、周囲の田んぼは黄色く色づいていた。
麦花粉症の私は、熟れて黄色くなった麦を見るだけでムズムズする・・・
当分我慢の日々が続きそう・・・。

頂き物のそら豆をいつもだったら塩ゆでするのだけど、今回はおかず風に味付けしてみた。
今年の初物だ!
ウーン、おいしい~
誰かに頂いたら食べるけれど、旬のものとはいえわざわざ買っては食べない。
野菜に旬が無くなってしまって、年中キュウリも大根もある。
豆類だって冷凍すればいつでも食べられる時代だもの。
でもさや付のそら豆を見るとやはり季節を感じてしまう・・。
そら豆だのタケノコだのワケギなどは、たいてい季節になると誰かから頂くものと決まっていた。
持ってきてくれる方が「悪いけど食べて・・・」なんて言っていた。
でも最近はそんな頂き物も少なくなった気がする。
今年に限っていえば八朔がかぶって大変だった。
じゃあママレードを作ろうと思って張りきったのだけど、苦みが取れなくて人にあげることもできず・・
結局自分のおなかに全部収めてしまった・・・。

自家製の野菜を作っていた頃もなつかしい。
大根も小松菜もいっぱい作っていた。
ジャガイモが採れすぎて配って歩いたこともあった。
人にあげる方がもちろん多かった。
あの頃どうして農業にあれほど意欲があったのだろう・・・。

おなかいっぱいになってつい昔を思い出してしまったけど、そういえば今年はまだタケノコを食べてないワ・・・

転ぶって怖い・・・

歳をとると転びやすい・・・というのは本当かもしれない。
自分は大丈夫だと思っていたが、最近バランス感覚が悪くなっているのは感じていた。
体勢が自分の予想外になると、体を支えられない。

先日のこと、久しぶりにメダカに餌をやろうと思って、左手に餌の容器を持ってメダカのケース
に近づいた途端、一段低くなっている処においたブロックでしたたかに膝を打った。
転びそうになったので支えようとして手を付いたら、それがメダカのケースの中で、肘まで濡れてしまった。
打った膝は赤く内出血する始末・・・。
打ちどころが悪かったらどうなっていたかと思う。
転びそうになって自分の体を支えきれず、変な体勢で倒れたことも何度かある。
これが歳をとるということなのか・・・。
小さな段差で転んで骨折したという話もまんざら他人事ではない。
転びそうになったら手を付いたらダメ!顔を打っても手を庇わないと骨折する・・・と聞いたような気もする。
全て筋肉が少ない故のことなのかしら?
こんなに筋トレを頑張っているのにホントに増えない・・・。

来週金曜日には半年に一回の体力テストが待っている。
いやだいやだと思っても受けないわけにはいかない。
現状維持の体力だったらまあまあだと思うことにしよう。
それにしても体力テストの半年ってどうしてこんなに早いのだろう・・・。

新聞小説

楽しみにしていた新聞小説「荒神」が4月末で終わった。
宮部みゆきの作品で連続403回で終了となった。
毎回読んだ後、特に意図もなくiPhoneに撮って保存しているのだが、これはどうしたものだろうか・・・。
単行本にしたらどのくらいの厚さになるんだろう・・・?
本なら一気に読めるのだけど、毎日少しづつなので自分の中の感情の高ぶりがない。
この「荒神」も本として読めば、もう少し感動したかもしれない。
場面が変われば、出てきた登場人物がどんな人だっただろうと思い出すのに一苦労する。

新聞小説を読むのは初めてだったが大変だった
何しろ毎日お目当ての記事が、新聞の何面に載っているのか探すのが結構な手間・・・。
写真を撮り忘れたまま新聞を片付けてしまって、あわてて探したことが何回もある。
でも無事に403回をiPhoneにおさめて小さな満足感がある。
といって、これをどうしようと思っているわけでもない。
そのうち全てを削除するかもしれない。

実は「荒神」の成功に影響を受けて、またiPhoneに撮って保存しようとしていた連載がある。
先月4月から1982年の池田高校と早稲田実業の熱戦を振り返った、「あの夏」という記事が始まった。
高校野球ファンならずとも知っている有名な二校の戦いだ。
当時は私も熱狂した。
早実の荒木大輔、池田高校では水野投手が一番有名かもしれないが、私は1年先輩の畠山君のファンだった。
騒がれたものの多くは忘れてしまっていた当時の二校の様子が、事細かに描かれ始めている。
それを10回までの連載を保存したものの、11回目がどうしても見つけられなかった・・・
決まった紙面に載ってないんだもの・・・。
それに小説も特集も毎日載るものと、土日は無しというスタイルもある。
12回目の記事を読みながら1回飛ばしたのを悔み、それまでの保存を全て削除した。
もともと読んでしまえば終りなんだもの、つい保存したがる自分のくせが歯がゆい・・・。

よって今はこの「あの夏」を読むのと、また最近始まった夏目漱石の「こころ」を読むのを少し楽しみにしている。
「こころ」ってこんな本だったのだ・・・。
この歳で初めて読むなんて言ったら恥ずかしいのかもね・・・
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR