FC2ブログ

韓国ドラマ「奇皇后」

どうしよう・・・。またドラマの世界にどっぷり浸かってしまった。
51話と長編だった「奇皇后」・・・。
またまたハ・ジオンの当たり役だワ。

元の支配下にあった高麗から貢女として元に送られる途中、母を殺された少女ヤンイは脱走して少年スンニャンとして生きることになる。
とても男には見えないだろ・・・と突っ込みを入れたくなる初々しい男装時代、女と見破られ女官として元の王宮に入っていく復讐に燃えた野心満々の時代・・・。
綱渡りのように心が不安定な元の皇太子タファンと不思議な縁で知り合い、やがて彼の側室から皇后にと上り詰めるキ・ヤンイの壮大な歴史ストーリーを一気に見てしまった。

チ・チャンウクは、気弱で無知な皇太子であった頃は無垢な笑顔で無邪気な顔を、やがて悩み迷いつつも真の皇帝になっていく姿もとても魅力的で、兄に嫉妬ばかりする「蒼のピアニスト」よりズーッと素敵だった。
一方素顔は何とも可愛いハ・ジオンは、女官ヤンイから側室になるに連れ、目が吊り上がった怖いような化粧に変化していく。
復讐という強い決意を誰にも見せないために、常に心に固い鎧を付けたような隙のない女となり、皇帝の寵愛を受け権力を蓄えていく。
それは彼女の私腹のためではないのだが、ヤンイに対する中傷を周囲から吹き込まれるたびに、皇帝の気持ちは揺れそうになる。
常に虐げられてきた孤独な皇帝は時に危うい感情を見せるが、決してヤンイの手を放さなかった・・・。

助演陣も多彩だった。
始めは目立たなかった軍師タルタルは、こんなにも頼りになる人だったなんて・・・。
親の権威を盾に、誰に対しても強権をふるったわがまま放題のタナシルリ、実は内に秘めた邪悪な心を決して見せず仮面の顔で皇帝に近づいたバヤンフトと・・・、二人の皇后役の憎らしさもまたドラマを面白くしていた。
今はこの二人の皇后の名前さえ、ヤンイの息子アユルシリダラのモンゴル風の名前と共に、なぜか愛しく感じてしまう自分がいる。
そして私の感は当たったよ。
最後まで正体を現さなかった悪の商団メバクの首領は、やはりあの人だろうと思っていた。
悪い奴は憎らしいけれど敵が強大で悪人であるほど、その権力が地に落ちた時、我々視聴者の爽快感は大きい。

ハ・ジオンヤンイはいつも強く倒れそうにはないが、皇帝タファンを演じるチ・チャンウクが可愛く切ない。
妻と子を守るため命を懸けた最後の場面は泣きそうになった。
そしてそうだ、チュ・ジンモを忘れてはいけない。
彼は、元により廃王にされたりまた認定されたりと、小国ゆえの悲哀を味わう高麗の王ワン・ユを演じている。
スンニャンを愛し二人で高麗に帰るはずだったのに、離れ離れとなり二度と一緒にはなれない運命になるが、最後までスンニャンを気遣うのだ。
チュ・ジンモは嫌いではないけれど、どの役もまじめすぎて固い殻が抜けないのが惜しい。

元の王朝を検索してみたら、皇帝タファン奇皇后も実在の人物だった。
ドラマはフィクションを加えているのだろうが、皇帝タファンの死で元という国もドラマも終焉を迎える。
明に攻め込まれ、残った人々は北に逃れ再起を期すことになる。
もう私には、息子のアユルシリダラと共に彼の父祖の地である、モンゴルの草原を馬で駆けるヤンイの姿が見えるような気がする・・・。
漢・晋・隋・唐・宋と続き元となり、明・清で終わる中国の王朝だが、この変遷もたしか昔歴史で習ったことを思い出した。
元はジンギスカンを祖先とするフビライが中国に侵攻して築いた国だったよねえ。
歴史ドラマは本当に勉強になるワ。

スポンサーサイト

暑さは今から・・・だよねえ

暑~い
今朝起きて、朝からあまりの暑さにウンザリ・・・
この暑さ、今日は今年最高かもしれない。
何もしないのに汗があふれる・・・

午前中は風が入り涼しく過ごせる・・・
さすがに午後からはエアコンを付けないといられない。
エアコンを付けたまま寝るのはどうも落ち着かないので、寝る直前に切って扇風機をかけて窓を開けて寝ている。
こんな時2階はいいなと思う。
でも安全だと思っているのは自分だけで、夜中侵入しようとすればどこからでも入れる。
それには目をつぶって、もしもの時はどうなってもいいわ・・・という開き直りで、少しの夜風の涼しさを選択している。

あー、今日はいつもの筋トレ仲間二人が、それぞれの用事でお休み・・・。
先週金曜日以来の1週間ぶりなので、がんばって一人で行くことにした。
今は教室もエアコンが効いているので、家で暑い思いをするよりはいいかもしれない。
ダラッと家で一日過ごすよりは、メリハリをつけた方が生きがいがあると、自分に言い聞かせる。

筋トレが終わって家でシャワーを浴びる。
汗を流したあとエアコンで冷やした部屋で、アイスコーヒーを飲みながら韓国ドラマを見る・・・。
筋トレを終えた達成感と、風呂上がりの爽快感に浸り、好きなドラマの世界に入る・・・。
その2時間くらいが私の至福の時間だ
と思っていたら、今日は来ないはずの孫がやって来た
残念、これからしばらく「ドラえもん」の時間だワ~・・・。

カープのオールスター戦?

久しぶりに野球中継を見た。
プロ野球のオールスターの第一戦だ。
広島カープからファン投票でたくさん選ばれたと聞いていたがホントにすごい!
丸・菊池・エルドレッド・キラに私の好きな堂林君・・・。
それにピッチャーが前田健太に一岡だって・・・。
ペナントレースでは巨人・阪神に少し差を付けられてしまったけれど、後半戦にはこの勢いでがんばってほしい。
赤ヘルが次々に出てくるので、何年ぶりかでずーっとテレビ中継を見ていた。
カープが好き好きといいながら、堂林翔太君の大ファンといいながら、恥ずかしながら選手の顔もろくに知らないのが現実だった。
言い訳をするなら、個々の選手よりカープというチームのファンだから、私は・・・。
野村監督とマエケン以外は初めてテレビで見たのかもしれない。
だって野球中継って絶対巨人戦だけだし、それも昔のようにいつもいつも放送しているわけではない。
野球ファンって昔より少なくなっているんだろうねえ・・・。

ちなみに、カープ女子というくらい女性ファンが増えたきっかけは堂林君だそうだ(なにしろ可愛い・・)。
最近テレビで見たけれど、菊池内野手もとても好青年だと思った。
あばたもえくぼ・・・、好きになるとみんなよく見えてしまうのかもしれない。

この試合もカープ勢の活躍で大量リードしていたので、MVPの行方も楽しみにしていたのになんと9時で放送終了・・・。
普通のペナントレース戦ではなく、プロ野球の一大イベントのオールスター戦なのに、放送打ち切りなんてガッカリだわ・・・。
民報だから?だったらNHKでこんなときこそ放送してほしいものだ。
尻切れトンボはもっとファンを減らすと思うけどねえ・・・。

安いよ~

最近の100円ショップの充実さには驚く。
ほとんどのものがそろってしまう。
何か買うときは、まず100ショップをのぞいてから・・・が常識?

上の孫が小学校に入学する頃に「お手紙ごっこ」というノートを作って、孫と簡単な手紙風のやり取りをしていたノートが出てきた。
昔風にいうなら交換日記・・?
最初は熱心に書いていたけれど、いつの間にか孫も私も忘れてしまっていた。
最後のページを見ると孫が6年生になっていて、最初はたどたどしく書いていた日記だったのに、なんとこましゃくれた文を綴っている。
もう中学生になった孫は書かないだろうし、何より部活で忙しくほとんど我が家に来なくなっている・・・。

そうだ!今度小学生になる下の孫と交換日記をしよう。
そう思って周囲を見渡すと鉛筆が見当たらない。
シャープペンシルとかボールペンを使う日常で、鉛筆はいつの間にか存在感が薄くなってしまっている。
でも子供たちが使わなくなった鉛筆やボールペンなどを捨てられなくて、箱に入れてどこかにしまっていたような気がする。
いつも思うけれど、肝心な時に必要なものが出てこない・・・。
しまっておいても意味がない・・・と、捨て上手な人には言われそうな気がする。

それで冒頭の100円ショップに行ったというわけ・・・。
100円で3本くらい入っているかな?と思いながら、売り場をのぞいてみるといろんなものがある。
なんとなんと15~6本がビニールケースに入っているものもあった。
そんなにたくさんいらないし、消しゴム付きで3本の鉛筆がありそれにしようと手に取ったら、今度は可愛い柄の消しゴム付き鉛筆9本セットが目についた。
なんと安い・・・、ホントに驚愕の値段だ。
結局それに決めてついでに売り場を一回り・・・。

先日ベランダ用のゴム製サンダルを二つ買って、今室内スリッパとして使用している。
ビビッドカラーのピンクと黄色で素足にちょうどいい。
今度はホントにベランダ用で青色でも買おうかな・・・。
イヤイヤやめとこう。
ピンクか黄色のどちらかをベランダ用にすればいいワ。
100円とはいえ無駄にするのは辛い・・・。
危ういところでブレーキがかかり思いとどまった。
ここで注意しないといけないのは、つい不要なものを買ってしまうこと。
必要な物以外見ないのが買い物のコツ?
衝動買い名人には要注意の店だねえ・・。

恥ずかしかったこと

たまに電車に乗ると失敗することが多い・・・。
神戸に行くために丸亀から乗り込んだ。
今回は特急の指定席を買っている。
3番のD席だから窓際のはずだった。
前方の入口から入った。
見渡すとバラバラと席が空いている。
3番の席に行くと、30代くらいの男性が窓際に座って、隣の座席に大きなバッグを置いていた。
横に立った私の姿を見て、荷物をどかしてくれた。
あれ、私が窓際じゃ・・・?
そう思ったけれど、少しの時間だしいいわと思って通路側に腰を下ろす。
でも少しその男性をにらんだかもしれない・・・
私は持っていた文庫本を読み始めた。
早く読み終えたいと思っていた本だ。

瀬戸大橋を渡ると、児島から車掌が代って検札にやってきた。
用意していた切符を見せると、座席番号を確かめるように切符と窓際の番号をチラチラッ・・・。
お客さん、この番号は3番ですから後ろですよ。ここは16番です・・・。
エーッ・・・!!(もう青天の霹靂くらいの驚き・・・)
本当にそこは16番だった!
なんて恥ずかしい・・・。
読んでた本をバッグに突っ込み、外していた眼鏡をかけてすぐ後方に・・・。
慌てすぎて転んだりしたら目も当てられない状態だった。
後ろの3番の席は両方とも空いていた。

それにしてもよかった~と胸をなでおろす・・・。
窓際に座っていた男性に「席が違いますよ」と文句を言わないで・・・。

どうしてこんな間違いをしてしまったのだろう。
そもそも電車の席って進行方向から順番じゃないの?
後ろから1・2・3・・・となっているって考えられないワ。
3番だから前方からと思い込んでしまった・・・。

まだまだ人間が未熟なことがよくわかった。
人が間違っていると思っても、まず自分が合っているか考えてからにしなくちゃ・・・。

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR