FC2ブログ

久しぶりの映画

ワアー、今日は何事・・・?
火曜日のこと・・・。

久しぶりに見たい映画ができたので遠く?綾川イオンまで出かけた。
ちょうど秋分の日でもあり、シネマ前で妹と待ち合わせた。
どうなってるの?
イオンに曲がる信号の、二つくらい手前から車が渋滞している。

大丈夫かな?駐車場空いてるかしら?
こんなに混んでるイオンにくるのは初めてのことだ。
ノロノロ状態で車は進み駐車場に入ったものの、どこにも空いてる場所が見当たらない。
グルグル回っていたら一台の車が出たのを発見して、あわててそのあとに駐車・・・。
入口からはずいぶん遠い西の端の、どうやら臨時駐車場みたい・・・。

イオン店内に入ってまたビックリ!
何?ここは都会のデパートなの・・・?
入口から大変な人で行列ができている。
新しいお店がオープンするようだ。
それに人気のお笑い芸人が来ているとかで、催し物をするホールも人の山・・・。
2階3階からホールを除く人たちもいっぱい・・・。
「ダメよ~。ダメダメ~・・・」のコンビが来ているんだって・・・。
ちょうどお昼時なので、食べ物屋さんの前もどこも行列だった。
とにかく歩けないくらいの人だかりなんだもの・・・。
慣れない店内をウロウロしながら3階のシネマまで行って、無事に妹と会うことができた。

さて映画は「柘榴坂の仇討」を見た・・・。
思いがけなく小さなスクリーンだったけれど、ほぼ観客で埋まっていた。
ホントを言うと「るろうに剣心」が見たかったのだけど、それを見るとすると2本見ないといけないので我慢した。
一日で2本はきつい・・・。
そういえば昔は映画といえば3本立てじゃなかった?
それしか娯楽がなかった時代だから見られたのだろうね。
「るろ剣」はDVDで見ることにしようかな・・・。

有名な「桜田門外の変」を発端に話は始まる。
時の大老が暗殺されるという重大な事件の裏で、主君を守れず切腹も許されなかった一人の彦根藩士の苦渋の13年を描いている。
江戸幕府から明治政府に・・・世の中は変わりに変わっていったけれど、朴訥に上司の命令に従って士分を貫いた侍に中井貴一、追われながらも侍の誇りを忘れなかった男に阿部寛、仇討に命をかけることになった夫を支え続けた貞淑な妻に広末涼子と・・・三人が主役なんだけど、劇中突然CHEMISTRYの堂珍君が現れたのにはビックリ・・・。
どうせならもう少し重要な役で出てほしかったなあ。

全編を通じて雪のシーンが美しく描かれている。
日頃の早起き?のせいで、時々ウトウトしそうになったものの、ホッとするラストシーンに心が休まった気がした。
主人公たちの長い長い13年が、見る方にとってはそれほど長く感じられなかったのは少し残念だった・・・。

映画が終わってから喫茶に入って、パンケーキを食べるのも忘れなかった。
行列に少し並んだり、パンケーキも思ったより大きくて苦労したけれど、二人とも全部おなかに入れてしまった。
やはり「残す勇気」は私たちには無縁のようで・・・。
スポンサーサイト

お墓参り

彼岸に入ったお墓は花でいっぱい・・・。

昨日お墓参りに行けなかったので今日行って来た。
普段は寒々としているお墓が多いのだけど、今日ばかりはどのお墓もきれいに花が供えられている。

ー遅くなってゴメンねー

この時期に花のないお墓はどんなにか寂しいだろう。
いつの日にか我が家のお墓もそうなるかもしれないけれど・・・。

私が死んでしまったら・・・
まず月1回のお墓参りも難しいだろう・・・。
自分自身も親のお墓参りには盆暮れ以外は行けなかったもの。
子育てをして仕事中心の生活だと望む方が無理というものだ。
盆と正月、命日に花を供えてくれたらありがとうと言おう・・・。

月2回洗って拭き上げている我が家の墓石はきれいだ。
その墓石の下に敷き詰めている小石の間に、小さな鶏頭の花が咲いているのを見つけた。
確か去年だった・・・。
備えた鶏頭の花を下げる時に小石の間に振っておいた。
花は枯れているが、種が落ちて花が咲くかもしれないと思った。
以前どこかで、墓石の周りに鶏頭の花が咲いているのを見たことがあったのだ。
それはたまたま種が落ちて花が咲いたのかもしれないが、お墓にふさわしい花だからつい思い出してやってみた。
咲いたのを見るとうれしい・・・。
花立の水が無くなって備えた花が枯れても、土に根を下ろしたこの鶏頭はもう少しの間咲き続けて、眠る魂を癒してくれるかもしれない・・・。

ウオーキング

寒くなった・・・ブルブル。
タオルケットの上に薄いベッドカバーを掛けて寝ていたのだけどもうダメ。
少し早いかなと思いながら羽毛布団を出してきた。
これでは真冬とほとんど同じスタイルになるのだけど・・・。
まだ9月なのにもうこんな季節・・?

今のところ朝のウオーキングはまだ続いている。
アラーム設定は7時のままなので、なんだか気になって4時や5時くらいに目が覚めてしまう。
着ていくものは前日に準備し、持ち物は決まっているので出かけるのも早くなった。
6時過ぎに家を出ると、歩く足元ではまだ虫が鳴いている・・・。

これからは雨だけが怖い・・・。
歩き始めた2日目だったかしら?
けっこう遠くまで歩いての帰り道、ポツポツと降り出してきた。
大きなスーパーの近くだったのでそこで一休みしたらよかったのだけど、「少々濡れてもいいわ」とばかり早足で帰ることにした。
そうしたらなんと家の方向に曲がった途端、大粒の雨が降り出して一瞬で全身ぬれねずみ・・・。
もう引き返してもダメ・・・。
傘があったとしても濡れそうな勢いの雨だった。
まだ家までは急いでも15分くらいかかりそう。
これだけ濡れるともう歩いても走って同じだわ・・・。
バッグの中のスマホとiPodが濡れないように握りしめていた。
夏の夕立のような激しい雨が5分間くらい降り続いて、家が近くなったころにはすっかり上がって薄日が射してきたっけ・・・。

その時はまだ9月の初めだったからよかった・・・。
シャワーを浴びたらかえってすっきりした。
子供たちが登校する7時過ぎにはいい天気になっていたので、私は本当にその最悪の瞬間に外にいたことになる。
あとで友人に聞くと多度津では全く降らなかったそうだ。
こんな狭い地域だけ集中的に降ったみたい、不思議・・・。
雨の境って見えるのかなあ・・・。

いつまでもとは言わない。
とりあえず9月いっぱいがんばってみよう!

もう秋・・・

空はすっかり秋模様・・・。
なんと二日続けて早起きしてウオーキングしてきた。
6時過ぎに目が覚めた昨日、曇り空で涼しかったので突然歩こうと思い立った。
化粧もなく洗った顔に日焼け止めだけ塗って、深めの帽子をかぶってタオルを首にかけ、iPodとスマホだけもって家を出た。
あ、昨日は傘も持って行ったっけ・・・。
どちらに向かって歩いてもよかったけれど、とりあえず南方面に・・・。
静かな住宅地を早足で歩く。
犬を連れた人たち2~3人とすれ違った。
山などで人に会うと必ず「こんにちは」って挨拶するけれど、そうでないとなかなか知らない人に挨拶はできないものだ。

小学校の近くは造成が進み、おしゃれな家やアパート(マンションかな?)がたくさん建っている。
家を建てるなら小学校のそばがいいと、物件を探した30数年前が懐かしく思い出される。
思い返してみても子供のためにはやはり学校のそばが良かったなあ・・・。
その家ももう私の代でオツトメが終わるだろうし、そのあとは息子の負担にしかならないだろう・・・。
十年ひと昔というけれど、三十年もホントにあっという間だった。
新しい家も多いが空き家になった家も多い。
持ち家を持たないで、借家暮らしをする人たちの気持ちも分かりかけた昨今だ・・・。
IMG_3943.jpg  IMG_3937.jpg
↑この写真を見て!
これは今朝ウオーキング途中に写したもの・・・。
あまりにきれいなうろこ雲に足が止まりそうになった。
おっといけない、歩数計が停止しちゃったら大変・・・。
でも早起きは三文の得、いいことあるよねえ。
明日もがんばるか!


姉弟でも・・・

今年も行って来たよ、孫の保育所の敬老行事に・・・。
去年のことがあるので早めに出かけた。
保育室の前は、すでに集まったじいちゃんばあちゃんたちでいっぱいだった。
お待たせしました!・・・の先生の声で、ゾロゾロと部屋の中に入った。
孫の姿を探すと、居た居た・・・。
他の子は抱き着いたりして嬉しそうな様子を見せるのに、我が孫は相変わらずあまり反応しない。
仕方なさそうに寄って来た。
自分から膝の上に載ってきたので、嫌がっているわけでもない。

いつも言っていることだけど、この子のお姉ちゃんは実に元気で感情を表す子だった。
保育所の参観や運動会などで私を見つけると、大声で呼び飛びついて来た。
お遊戯会では舞台からでも手を振っていたっけ・・・。
でもその子も今や中学生になり、口数も少なくなり声も小さくなってしまった。
年頃になるとこうも変わる・・・?
男の子に間違われるような子だったのに、太るのを気にしておやつも減らすようになってしまった。
部活で毎日帰りも遅くあまり会うこともなくなってしまった。
どこにでも一緒に付いて来た頃が懐かしい・・・。

話は下の孫に戻るが・・・。
この孫はスイミングスクールに行っている。
どんな様子だろうとお迎えを兼ねて初めてのぞいて見た。
もう2年くらい行っているので、大きなプールで練習しているのかと思っていたが、まだ幼児用のプールで遊び半分の感じ・・・。
お風呂に入っても潜りまわる子なので、先生の話も半分くらいで勝手に潜ったりバタバタしている。
これはまだまだだと思ったが、お姉ちゃんも最初は癖がひどくてどうなるだろうと心配したものの、きれいなフォームで泳げるようになったのでそのうちには・・・と希望は捨てない。
先生の教え方は実に辛抱強く、同じことをずーっと指導している。
だから小学校も高学年になると実に美しい泳ぎをする。
最近の子供たちは足が長くスタイルもいいので泳ぐ姿もかっこいい。

食が細いのでやせっぽちでマイペースの孫も、何年か後には私が見とれるようなスイマーになるかもしれない。
孫が水泳を嫌いにならず、先生が気長に教えてくれますように・・・。

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR