FC2ブログ

宮部みゆき「おまえさん」

面白かった~・・・。
貧乏長屋の住人たちの喜怒哀楽、役人の生活や商家の営みなど、人情の機微を細かく描いて怒ったり喜んだりする人々がとても身近に感じられる・・・。
だってこのシリーズもう3作目なんだもの。
何気なく読み始めた本なんだけど、最初の「ぼんくら」から次は「日暮し」、そして今回の「おまえさん」は前後編と大作だったが、偶然にも順番通りに選んでいてラッキー!
忘れもしない懐かしい、鉄瓶長屋の最初の事件の関係者が今回もずーっとかかわってくるのだ。

一つの殺人事件を発端に、おなじみの同心井筒平四郎の登場となり、岡っ引きの政五郎・弓之助少年とおでこ三太郎・そしてお徳とレギュラー陣の顔が並ぶ。
ここに平四郎の同僚であるが歳はグッと若く、若いがゆえに生真面目すぎる真島信之輔が参加してくる。
ハッとしたりホッとしたりしつつ、何気ない彼らの日々の生活を描きながらも、最初の凄惨な事件が一本の太い軸となり、最後までどうなるのだろう?と思わせながら読者を引っ張っていく。
当然弓之助少年の謎解きがあり真実はあらわになるのだけど、これまで平四郎の目線からの書き方だった話が、岡っ引きの政五郎目線での話もあり、事件とは別におでこ三太郎に突然母親が現れて親分をあわてさせる。
母親おきえが捨てた三太郎を、政五郎夫婦はずーっと手元において、我が子同然に育てていたのだ。
何事も自分本位の女おきえは、自分の立場が危うくなると厚かましく政五郎を頼ってきたのだが、偶然に強運を取り戻すと二度と三太郎の前には現れないと親分に約束して去って行く。

そして掃き溜めと言われる十徳長屋に住んでいる、野菜売りの丸助の暮らしにもスポットライトが当たる。
ここで実に愛すべき魅力的なキャラの人間が初登場するのである。
5人兄弟の末っ子で、絶世の美男で頭が良くて気が利いて、謎解きが得意という全ての条件を備えたのが弓之助少年だけど、見かけはほどほどにいい男でグッとくだけたのがその三番目の兄淳三郎・・・。
まじめに稼業に取り組んだり養子先が決まったりする兄たちの中で、一人だけ放蕩三昧でフラフラしているが何とも憎めない性格の粋な兄貴であった。
子どものいない平四郎の養子候補になっている弓之助に引きかえ、商売にも力が入らず町人とあれば好きな剣術で身を立てるわけにもいかず、身の置き所のない淳三郎であったが、お互いに憎まれ口をききながらも、弓之助との仲の良さがほのぼのと描かれている。
この愛すべき三兄はこのあとどんな道を歩むのだろう・・・。
作者も彼を好意的に描いているような気がする。
・・で、この二人が主人公でドラマが作られたらいいのに・・・。
ちなみに淳三郎候補は佐藤健かな?

このシリーズにはまだ続きがあるのだろうか?
何度でも会いたい「ぼんくら」のレギュラーたち・・・。
日曜日はまた図書館行きだ。
スポンサーサイト

フィギュアスケート国別対抗戦

国別対抗で日本は銅メダルだった・・・。
一位アメリカ、二位ロシアと三位日本とは僅差だった。

ずーっと見ないできたフィギュアスケートなんだけど、世界選手権をチラッと見て男女とも銀メダルに複雑な感情だった。
少しでも見てしまうと、好きの虫がうずく・・・。
別に見ないと決めたわけではないので・・・と、自分に言い聞かせて高橋のいない寂しさを振り払う。
今回の国別対抗はちょっとだけ見ようと思って、男女のショートとフリーをテレビ観戦した。
羽生はもう貫禄の演技だった。
華もあるし安心して見ていられる。
一見女の子のような感じもする優しい顔なんだけど、メンタルは強くて負けず嫌いなのもいい。
オリンピックチャンピオンといえば世界最高の勲章だ。
二十歳の若さでどのくらいのプレッシャーを抱えているだろう・・・。
ハプニングやトラブル続きだった今季の試合がやっと終わったので、来季に向けてゆっくり休んでほしい。
絶対的なエースに対して№2・3が弱いのが気になるけど・・・。

それに引きかえ女子はどうだろう・・・。
宮原知子に期待されるけれどまだまだと思ってしまう。
背が低すぎて見た目で絶対損をしている。
ジャンプをうまく飛んでも、スピンやステップを成功しても、細かくまとまった感じで派手さがない。
華やかさがある本郷理華が、もう少し安定した力をつけたら№1になれるのにね。
それにしても男女とも引退した選手たちに華がありすぎたよ。
真央ちゃんは復活するのだろうか?
格が違う演技がやっぱり見てみたいな。
大ちゃんは留学でアメリカに行っちゃうそうで、真央とのアイスダンス・・・という私の夢は砕けてしまった。

国別対抗は男女シングルとアイスダンスとペアの演技を合計して順位が決まる。
男女のシングルだけだと多分日本は優勝できる。
アイスダンスとペアがいつも順位を下げてしまう。
今回も6カ国中6位なんだもの・・・。
競技人口が少ないのだからいつも同じペアで順位も悪い・・・。
もう少し底上げしないと国別対抗での興味が半減する。

もう一つ気になったことといえば・・・
羽生を始め「オペラ座の怪人」を選曲したスケーターが多かったことかな。
あふれるほど音楽はあるのに・・・と思ってしまった。
人と違う魅力ある音楽を選ぶのも大事なことだよねえ。
もう見ない・・・と無理しないで、これからはしっかり見ることにしよう・・・っと。
やっぱりフィギュアスケート大好きなんだもの・・・。

バカな体験・・・

金曜日のこと、少し肌寒かったので夜は鍋でもしようと思った。
野菜は白菜・えのき・ネギなどがあったしトーフと春雨もある。
何より最近は○○の素なんて有難いものがたくさんそろっている。
ピリ辛キムチの鍋キューブという固形物が買ってあった。
何の出汁もいらないし材料に熱が通るとその素を入れるだけ・・・。

いつも大目に作って、残ったら翌日野菜を足して食べればいいので、何を思ったか4個もそのキューブを入れてしまった。
何だか鍋の中は真っ赤赤だ・・・。
一口食べて辛~い!
アア、3個でよかった・・・などと思いながらまた一口・・・。
もう口の中が熱くて痛い。
やめようかなと思いながら、またもったいない精神が頭をもたげてくる。
出汁を飲まないように具材だけを取り皿に入れる。
それでも辛い・・・。

いつも薄塩・減塩モットーに、塩分をなるべく少なくするために注意しているのに・・・。
いや唐辛子は大丈夫だったっけ・・・。
あの辛さは塩分ではないのかな?
たとえそうにしてもこの中にどれだけの塩分が入っているのだろう・・・。
色々考えながらもずい分食べてしまって、あとは後ろ髪を引かれながら捨てることにした。

その後が大変だった。
口の中がヒリヒリしてのども乾く。
もしかして血圧も上がっているんじゃ?と思って図ってみると、案の定160くらいあった。
時々あることなのでそれほどその数値に驚いたわけではないが、やっぱりそうか・・・という思いが強くなった。
何だか頭痛もする。
することがいっぱいあるのに何をやる気も起きない。
少し血圧が下がったのを確認してから、お風呂にだけ急いで入った。
あとは洗い物もそのままにしてベッドに入った。

何とかヒリヒリ感と渇きは収まったが、昨日からのどが痛くて咳が出るのも、ひょっとしたらそのせいかもしれない。
塩分の取り過ぎはろくなことがない。
食べ物を捨てることを、全てもったいないと思うのも考え物かもしれない。
もう痛感した。
くれぐれも同じことをしないように注意しなくちゃ・・・ネ。


プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR