FC2ブログ

新しい皮膚科

もうずーっと昔からアレルギーなのかどうか、顔がかゆくなることが多く悩みの種だった。
いつの間にか治っていて、また思い出したようにかゆくなってしまう。
あんまりひどい時だけ皮膚科に行って薬を出してもらう。
少し治まるけれどまた繰り返しでどこかがかゆくなる。
皮膚科に行っても先生は「またか・・・」(と口に出しては言わないけれど)という感じで、患部をよく見るでもなく同じ薬を出す。
その繰り返しで何年か続いて来たけれど、何か月か前から左目と眉の間が異常にかゆくなり、我慢できなくてかきむしるくらいになった。
薬も効果なし・・・。
その部分は皮膚が一番薄くて柔らかいので、「搔かないように・・・」と言われていた。
だってかゆいもの・・・・。我慢できない・・・。
皮膚の色まで変色してしまった。
我慢強い?私もこれはいけないと思って、皮膚科を変えてみようと重い腰を上げた。
ネットで検索したり友人に聞いたりして、何軒かの皮膚科を見つけたのだけど、評判が良くても遠いところは通うのが大変なので、結局市内の医院に決めた。
わりと新しい皮膚科で内部も清潔できれい、先生も若くまじめそうな感じだった。
丁寧に診察してくれて塗り薬と、かゆみ止めの飲み薬を出してくれた。
正直きれいに治るとは思ってなかった。
ところがその薬をつけて2~3日でピタッとかゆみが止まり、ガサガサの患部がすっかりきれいになった。
エーッ、信じられな~い・・・という感じ。
たった一度の診察で終わってしまった。
医者を変えるのも必要だと感じた。

それだけなら驚かないかもしれないけれど、もう一度その皮膚科にお世話になることがあった。
もちろん顔のかゆみはすっかり治っていたのだけど、今度は首がかゆい・・。
そして前回の診察の時言わなかったが、何か月か前から後頭部にカサブタ状のものができて(自分は見えないのだけど)、気になって取ればまた出来る・・・の繰り返し。
ついでに診てもらおう・・。
二度目の診察も、首は「あせものようですね」、後頭部のカサブタには「長期間かけて湿疹が悪化してるようなので、薬を出すのでお盆過ぎに一度診せて下さい」。
この薬がまた効いて2日くらいできれいに治ってしまった。
これには本当にビックリした。
首のザラザラはツルツルに、後頭部のカサブタはすっかり無くなっていたのだ。
薬が合うってこういうこと・・・?
お盆過ぎに3度目の診察に訪れたら「完治してますね。治療はこれで終わりです」ということだった。

皮膚のトラブルが多い私、心強い先生に出会って感動ものだ。
ただ「そんなに効く薬は強い薬じゃ?」と心配してくれた友人の声もあって、先生に確認してみた。
すると「赤ちゃんにも使える薬ですよ」ということだった。
安心した・・・。



スポンサーサイト

誕生日・・・

ここ2~3日早起きができなくて、朝のウオーキングをさぼっていた。
今日は5時15分に目が覚めたので、久しぶりに準備して出かけた。
まだ外は薄暗い。
夜が明けきっていないのだ。
季節の移ろいは早く待ってくれない。
人間の感覚がなかなか付いていけない。
いつまでも夏休み・お盆・・・という暑いイメージの中にいる。
でも風が心地よい。
つい先日までのムッとするような暑さは影をひそめた。
昼間でもクーラーを付けずに過ごせるようになった。

歩いていると陽が昇り始め、東の空が赤く染まる。
いつものように東に向いて歩き、駅から北に出てマルナカの向こうを回って帰って来た。
すっかりこのコースがなじみになった。
あんまり人に合わなくて、車の通行が多い幹線沿いが好ましい。
それほど汗もかかないで50分くらい歩いて帰ってきた。

家に着くとまず郵便受けから新聞を取る。
チラッと見て気が付いてしまった!
アーッ、また一つ歳を取るのだ・・・。
忘れていた誕生日だった。
来ないで来ないでと思っていたのにねえ・・・。

毎年何の予定もなく、元気でいることに感謝をするだけの誕生日。
ところが孫を連れて出かけて帰って来ると、玄関にポトスの吊り鉢が置いてある。
何だろう・・・と見ると、私へのバースデーカードが付いている。
ビックリ!
去年買った車の、ディラーの担当セールスの男の子からだ。
新卒で就職して一年目だと言っていた。
感じのいい子で、社内の販売数で新人ではトップを取れたと、いつか報告してくれたことがある。
頑張っている子の見本みたいな子だ。
もちろん営業用だというくらいはわかっているよ。
でも今までこんな経験はなかったので何でもうれしいワ。

歳は増えちゃったけどがんばろうかなあ・・・。

韓国映画「王の涙」

簡潔に訳された言葉がいい。
翻訳のひどい映画やドラマは、間違いなく作品の価値を下げる。
正祖が、正体を暴かれ捉えられたカプスに、遠い日の思い出をあげ「あの日は刺客だったのか?」と、問いかけるシーンが印象的だった。

1年生の孫が大好きなドラえもん・・・、ダビングしたものを何度も何度も飽きずに見ているので、新しいものを見せてやろうと思ってビデオショップに行ってみた。
ドラえもんはたくさんあって選ぶのに困るくらいだったのだけど、ついでにのぞいた韓国ドラマゾーンで気になっていた映画を見つけた!
「逆鱗」という仮題で紹介されていたヒョンビンの初時代劇映画だ。
以前たまたま宇多津のTSUTAYAに行った時、どうしても「逆鱗(ゲキリン)」が思い出せず、「激甚・・・?」だったと思うのだけどと適当なことを言って店員さんに探してもらった。
あるはずないよねえ・・・。
でも「逆鱗」で探してもなかったはずだ、だって題名が変わっているんだもの。
「王の涙」という題名になっている。
「逆鱗」の方がドラマチックで私は好きだけど・・・。
「王の・・・」というタイトルはもう食傷気味だ。

朝鮮王朝もっとも有名な王であるイ・サンを描いた映画で、ヒョンビンが若きイ・サンを演じている。
イ・サンと言えば何といってもイ・ソジンが有名で、長編ドラマで描かれたイ・サンの波乱の生涯に感動した。
知的でむしろ明るいイメージだったイ・ソジンのサンに対して、ヒョンビンのサンは感情を殺し笑わず誰にも心を開かない。
悩ましい正祖の心の根底には、幼いころに経験した父である思悼世子の無残な死が、暗い闇となって漂っていることは間違いない。
常に暗殺の脅威に晒され信じる人のいない世界で、孤独なサンが心の中でただ一人信頼していた尚冊(サンチョク)のカプスが、幼いころから王の暗殺のために送り込まれていたと知った時の驚きはどれほどだっただろう・・・。

幼い子どもを悪に仕立て上げる闇の組織で巡り合った二人の少年は、番号で呼ばれる組織内で密かに名前を付けてカプス・ウルスと呼び合った。
兄貴分のカプスは宦官として王のもとに送り込まれるのだが、長年の間にいつの間にか王を慕い守ろうとの思いが芽生えてしまう。
一方のウルスは腕を磨き朝鮮一の人斬りとなり、最後の標的として王の暗殺を命じられる。
二人は幼い頃に別れたのでお互いを知らないまま、正祖暗殺の場で顔を合わすのだ。
一目でウルスだと見抜くカプス・・・。

この映画は批評家の間では酷評されたらしい。
特に主役のヒョンビンは除隊後の第一作目だったのだが、思ったほど評価されず脇役が目立ってしまったとか・・・。
確かに脇を固めた人たちは達者で、中でもカプス役チョン・ジェヨンとウルス役のチョ・ジョンソクには惹きつけられた。
何かのドラマで出会っているかもしれないが、私にはこの二人の作品は思い出せない。
そして何年か前のドラマ「イ・サン」では、生涯正祖に愛されたソンヨン役で可憐な演技を見せたハン・ジミンが、今回は王大妃として悪役で登場して、磨かれた美しさと貫禄を見せる。
王をもしのぐ大妃の権力は、何度この手のドラマをみても理解しがたいところはあるのだけど・・・。

でも髭を蓄えたヒョンビンよかったよ~。
ミーハーファンの私にとって、彼はどこから見てもきれいだもの。
冒頭の筋トレシーンは驚きで、あの筋肉の動きには絶句・・・。
いくら普段から鍛えているといっても、あれだけの体を作り込んで臨んだことで、ヒョンビンのこの作品にかける意欲が伝わってくる。
多くは夜の暗闇でのシーンや、室内での暗いシーンが続き重苦しい気分だったが、一つの危機を命がけでしのいで見上げた空は驚くほど青く、部下たちと馬を駆けるラストシーンは、正祖の未来を暗示しているようだ。

イ・サンという人はドラマで多く演じられているので、その生涯や祖父・父親との関係はあまりにも有名で、つい他のドラマとも比べてしまう。
思悼世子の死の真実を追求した「秘密の扉」も最近見たばかりなので、いろんな思いが錯綜する。
イ・ソジンの「イ・サン」も見直してみたくなった・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR