FC2ブログ

修羅走る関ケ原

光成の家臣土肥市太郎が家康を目前にして、夢と現実の間で揺れるところで終わっている。 
目は血走り体は震えていただろう・・・。
興奮を抑えられない彼は、刀を抜き家康を捉えることができるのか・・・?
山本兼一の本だ・・・。

架空の小説だったらどうにでも進展できるのだけど、そこは歴史の現実に目をつぶるわけにはいかない。
家康は長生きして盤石の幕府の基盤を築いた。
豊臣が勝利していたなら、どんな世の中になっていただろうかと思ってもどうにも想像できない。
残念ながら秀頼や淀殿が無事に国を治めるイメージはないよねえ。

悔しくも裏切りで決着が付いた関ケ原の戦い、東軍西軍双方の大将たちの心情・行動を描いたこの本は、西軍贔屓の私には西軍に好意的に書かれているように感じた。
福島正則をはじめとする、豊臣秀吉によって大名に成り上がった男たちは、石田三成を討つことをやめなかったけれど、どこかで後悔の念や豊家に対する後ろめたい気持ちがあった・・・。
しかし光成を成敗することこそ秀頼のためと愚直に信じたのだ。

福島正則も加藤清正もこのあとどうなったのだっけ?
大阪冬の陣・夏の陣でも豊家を守らなかったのかなあ?
すっかり歴史に疎くなってしまった。
ちょうど今大河ドラマで真田幸村をやっているので、そこのところをしっかり見ようと楽しみにしている。
スポンサーサイト

最高の天気に恵まれて・・・

「蔦若葉新婦笑顔のブーケトス」   甥の結婚式にて

「次はいつ留袖たたむ花月夜」    次男の結婚を願う気持ちで

まりしてん誾千代姫

山本兼一の本を読みだして止まらない。
歴史もの・時代小説なんだけど、実在の人物を扱った小説が多い。
題名に惹かれて「まりしてん誾千代(ぎんちよ)姫」を図書館で借りて読んだ。
誾(ぎん)と言う字は初めて知った。何とも印象的な名前ではある。
てっきり小説の中の人物と思っていた誾千代姫は、今の福岡県に居住していた大友家に付属する重臣立花家の姫だった。
男子が生まれず幼くして城の跡継ぎになった姫が、父親道雪に気に入られ婿入りしてきた高橋統虎(むねとら)を助け夫婦愛を貫く話だった。
だが他の文献を読むと、統虎が浮気をしただの、もともと夫婦仲が悪く別居しただのと書いてあるのもあった。
この山本兼一の本では姫が子を生さなかったため、夫に側室を勧め自らは別の城に住むようになったと書いてある。
別居してからも統虎が何度も誾千代のもとを訪れるので、最後は姫の方から姿を消したのだった。
男に負けないように武道に励み夫を支え、家を守った女性の鏡みたいな姫だったのだが、嫡子がいなければお家断絶の時代とあれば、仕方ないことだったのかもしれない。

織田が天下を握った頃から話は始まる。
男勝りな姫の内助もあり朝鮮出兵などの戦功を重ねた統虎は、秀吉の下で出世するのだが歴史はいやでも関ケ原の合戦に突入していく。
まさに天下分け目の戦いに、統虎はこれまでの恩義に報いるため豊臣方に付くのである。
結果は当然西方の負けとなり、立花家は家康によって城を追われることになるが、功績を認められて復活したそうだ。
秀吉・家康といえば万人の好みも評価も別れるところだけど、大方の思うように?私も秀吉贔屓である。
秀吉の死から関ケ原までの間には、何とも多くの逸話が小説になって残されている。
どの大名の話題をとってもドラマチックで面白い。
明治維新の前後と同じくらいかなあ。

そして私は負けた方がなぜか好きになる。
事実は知る由もないが、鎌倉幕府を開いた頼朝よりは義経、関が原では豊臣を守ろうとした石田三成、幕府に忠誠を誓った会津に準じた新撰組土方など・・・。
それは負けた方を美談とした小説を読んだからかもしれないが、彼らは私の中ですっかりヒーローとなって残っている。

さて次に借りた本は、同じく山本兼一の「修羅走る関ケ原」なんだけど、多分西方石田陣営の話だろうと思って楽しみにしている。





雨の日に思ったこと

今日は大雨になってしまった。
桜は今満開だというのに・・・。
でも今日は家にいる私にとってはラッキーだった。

雨のせいで少し肌寒いけれど、もう暖房もいらないかなあ・・。
毎年5月の連休くらいまで布団の暖房を入れていたのが、先月急に気温が上がった日に切ってしまった。
それからは寒いかなあと思いながらも我慢している。

今年の冬は何事もなく乗り切ることができた。
毎年咳に悩まされていたのがウソみたいだ。
暖冬だったのかもしれない・・・。

新しく2年生になる孫が、昨日の始業式は腹痛で欠席したそうだ。
今朝も元気なく登校していった。
ともすれば自信がなさそうな言葉を発するこの子が一番心配になる。
何か好きなことに熱中してほしいと思って、新しくできたテニススクールはどうかと思っているのだけど・・・。
でも何事も嫌とは言わないけれど、積極的でない子はむかないのかあ・・・。
選手を目指すわけじゃなく友達作りをしてほしいのだけど・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR