FC2ブログ

「六龍が飛ぶ」と「氷葬」

面白いドラマと本をほとんど同時期に見終えた。
ドラマは相変わらずの(日本のドラマはホントに面白くない)韓国ドラマで「六龍が飛ぶ」・・・。
友人たちと話題になって期待していたので、録画の終わるのを待ちかねて見始めた。
腐敗した高麗を建て直すため新しい国を作ろうとした6人を描いている。
朝鮮国初代王になるイ・ソンゲ、その五男でのちに3代王となるイ・バンウォン、建国に皆を導こうとしたカリスマの学者チョン・ドジョン、朝鮮一の剣士と謳われたイ・バンジ、それに劣らない腕を持つバンウォンの護衛ムヒョル、そして強い意志で民を率いたバンジの妹プニの6人・・・。

久しぶりに見たドジョン役のキム・ミョンミンは、相変わらずの変わり者感と人を引き付けるオーラありの演技でよかったけれど、主人公はやはりユ・アイン扮するバンウォンだろう。
不正を憎み、新しい国造りに命を燃やすチョン・ドジョンに最初は純真に啓蒙していく。
しかし確かに同じものを目指し心を一つにしたはずなのに、ドジョンの作りたい国の形と自分の目指すものが明らかに違っていることに気づいてしまう。
全てを平等にして、王の存在は認めるものそのの権威も失くしてしまおうとするドジョンの思想に、全ての権力を持つ強大な王権を目指すバンウォンは密かに力を蓄え反撃の時を待つ・・・。
その時は王は父であり兄であってよいはずだったのだけど・・・。
ドジュンとバンウォンの対立に伴い、共に戦ってきたそれぞれの護衛の愛すべきバンジとムヒョルも敵対することになってしまう。
純朴なムヒョルと幼いころのトラウマを抱え孤独に生きるバンジ。
バンジとヨニの純愛も最初から悲劇感が漂う。
一つ狂気に染まると、誰も止められない勢いで反対勢力全てを排除しようとするバンウォン。
父に背き兄を追いやり幼い弟も世子故に手にかけてしまう。
そんなバンウォンをユ・アインが最高にかっこよく演じている。
時代劇だからなんだろうが、彼の抑揚のあるセリフがいい。
時に泣き時に怒り孤独に苛まれる感情の高ぶる様子がなんともたまらない。

バンウォンの子の4代王世宗(セジョン)は、ハングルを作り書籍の編纂などの功績を残し名君となったが、その足がかりを作ったのは3代王太宗(テジョン)となったバンウォンであったそうな・・・。
王になってからも彼の独走は止まらず建国の同士であった正室までも退け、多くの側室や子どもをもうけたものの孤独であったという。
謀にハラハラする場面あれば、剣士たちが戦う殺陣のシーンもすさまじく、どちらかといえば男っぽいドラマだけどホント面白かった。

本は・・・。
今年に入って諸田玲子の11冊目の「氷葬」で、女心の機微が細やかでストーリーも波乱に富んでいる。
江戸詰めの夫と別れて暮らしている藩士の妻が、理不尽な凌辱にあい姿の見えぬ事件に巻き込まれるが、我が子を守るために命をかけていく。
敵と思った公儀隠密の男に実は守られていたことに気づいた時は命の危機が迫っていた・・・。
まだまだ読みたい諸田玲子・・・だわ。

続きを読む

スポンサーサイト

インプラント

思いがけなく生命保険の一部金が入ることになり、半分くらいを孫たちの簡易保険の年払いにして、あとは何に使おうかと楽しみにしていたのに、歯が・・・歯が・・・。
以前からあぶないと言われていた右側奥をインプラントにするためにもう1本入れてしまった。
1本で20万弱・・・。
これに歯を何個付けるかでまた何万か10何万かがいることになる。
今は下に入れただけなんだけど、上部も骨が固まってきたらインプラントにすることにいつの間にかなっていた。
確かにインプラントは見た目は歯と変わらないし、入れ歯のように外したり掃除したりする必要もない。
上手く機能すればこんないいものはない。
ただし治療費がねえ・・・。
それにこのインプラントって半永久的なものと聞いたような気がするんだけど、最初に入れたインプラントの台になった部分の歯がちょっと状態がよくないらしい。
自分ではあんまりわからないんだけど・・・。
あーあ、歯を大事にしておくんだった、本当にマジな気持ち・・・。

体力テストのユーウツ

年に2回の頭痛のタネの1回目が終わった。
別に成績発表されるわけでもなく、がんばらなくても怒られない。
無理しなくていいのになぜかがんばってしまう筋トレ教室の体力テスト・・・。

第1回目からの参加なのでこのテストももう15~6回目・・・?
最初は普通に持久力を測るバイクのテストも普通に受けられたのに何回目かからできなくなった。
脈拍が上がりすぎてスタートができない。
何しろ血圧と脈拍を測る段階でアウトになる。
今回も血圧は150近く脈拍はなんと130を超えた。
保健婦さんらしい測ってくれる担当者はいつも「大丈夫ですか?しんどくないですか?」と聞く。
「全然大丈夫です。いつもこの調子ですから・・・」と答えるのだけど、脈拍が多いということは心臓にそれだけ負担がかかっていると聞けば少し不安にならなくもない。
深呼吸などして測りなおすと少しだけ下がって、何とか体力テストはできそうなくらいにはなる。
ダメ元でバイクには挑戦するだけどやはりウオームアップの2分間が持たない。
スタートまでに120を超してしまうのだ。
もう本当にがっかりする・・・。
せっかく5種目の運動テストは無事に終えたのにいつもここで引っかかってしまう。

2分間の片足立ちもOK。
前屈も45センチ、障害物も4秒を切った。
握力もまあまあくらいかな・・・。
腹筋も何とか18回できた、でもこれは毎年苦しくなる。
実際ずーっと19回できていたのにここ2~3回は18回にとどまっている。
年も増えているのだから仕方ないかもしれない。
気にしていないつもりなんだけどテスト前のドキドキ感が毎年ひどくなる。
そのストレスで今度こそもう筋トレをやめようか・・・と思ったりする。
ノミの心臓なの?・・・われながら嫌になっちゃう・・・。

皆が終わったあと、今回も残ってモモ上げをすることになった。
これがとてもきつい。
2分間でモモを90度くらい上げる足踏みが何回できるか・・・?
先生は2分間がんばらなくても途中でやめてもいい・・・と言ってくれたがでも頑張ってしまう。
両足で200回いけばやめよう・・・と思っていたけれど先生の「ストップ」の声とほぼ同じだった。
座り込んでしまうほどバテる。

やれやれ何とか終わった。
でも次までの半年ってホント早いんだよねえ・・・。

連敗・・・

エーッ、こんなことってある!?
9対0で勝っていた試合をひっくり返されたよ。
逆転はお家芸だったのじゃないの?
しかも相手はあの阪神だよ・・・。
もうガッカリ。
昨日も4点差をひっくり返されて連敗・・・。

友人の家に時間つぶしのおしゃべりに行っていた。
いつもテレビで韓国ドラマを見ている人なのに、今日は大きな音でラジオがついていた。
野球みたい・・・。
ああそうだ、この友人は阪神ファンだったことを思い出した。
中継放送がないのでラジオを聞いているんだ。
相当のファンだったんだ。
その時は9対0で広島が勝っていた。
悪いけど今日はいただきです・・・といいながら座り込んだ。
まさか9点取って負けるなんて考えられない。
友人と話しながら耳の半分がラジオに向いている。
だって大きな音なんだもの。
毎日放送だそうで阪神びいきの放送ががなり立てる。
あれ1点返されて、次は何と7点取ったと言っているよ、阪神が・・・。
信じられない・・・。
1点差を守ってくれると思いながら帰ることに・・・。
1時間ちょっとそこにいたのかなあ。
帰ってスマホのアプリで確認すると、何と何と逆転も逆転、9対12で負けている。

逆転勝ちは普通の勝利よりうれしい。
だから逆転負けは相当くやしい。
これで首位を阪神に明け渡したのかな?
明日もあるはずだ。
3連敗は許されないよ!
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR