FC2ブログ

ホントにイライラした日

今日は書かなくちゃ・・・。
恒例の神戸の検診の日、12時55分が検査の最終時間なのでそれまでに来て欲しいと言われていたので、8時15分の高速バスに乗った。
11時過ぎに三ノ宮に着き、時間があるので歩いて行った。
前回色々と覚えたつもりなのにいつの間にか見覚えのないところを歩いていた。
県庁とか警察本部などの前を通ってしまって、今回も4~5人の人に聞く羽目になった。
でも何とかたどり着いて、いつものように血液検査と超音波検査を受けてカフェでお昼ご飯を食べた。

終わるのは何時になるんだろう・・・・?
帰りのバスは14時50分、その後は17時までない。
何とか14時50分に乗りたい・・・。
午後の診察が始まり、案外早めに中待合に呼ばれた。
あと4人・・・とある。
帰れるかもしれない。
あと3人、2人・・・と早めに終わって前の人が入った。
この人が5分くらいで終われば会計を入れても多分14時50分に乗れる・・・。
ところがその人が異常に長い・・・。
時計を見ながらイライラする私・・・。
結局25分くらいかかってやっと診察室からその人は出てきた。
次の私といえば・・・
「体調悪いところないですか?」
「はい」
「超音波は異常なし、血液検査も大丈夫です」
「そうですか」
「薬もいつも通りの量で飲んで下さい、次は半年後です・・・」
「ありがとうございました」

1~2分だった・・・。
ああでも急がなくちゃ・・・。
急いで1階に降りて会計を待つ。
心の中で駆け足をしていたけれど、足が動いていたかもしれない。
終ったのが14時半くらいだったかなあ。
歩いていたのでは間に合わないと思って電車に乗った。
三ノ宮についたのが2時40分くらいだったかな、まだ10分あると思って走った。
高速バスの乗り場に着いたらギリギリ50分くらい、切符売り場に先客がいる。
窓口が二つあって、一つには外人さんがいて長くなりそう・・・。
もう一つの方に並んだら後ろからトントン・・・。
「並んでますけど・・・」後ろに一人並んでいた。
あらあら・・・だ。
やっとその人が窓口に立った。
遅い!支払いをカードでしているみたい・・・。
もう定刻を過ぎているのにまだバスは来ていない・・・と思ったら発車が45分だったそうで、自分の番になって窓口に立ったら「もう出ました」とあっさり言われた。
色々考えて5時まで待つよりは3時20分初の高松行に乗ることにした。
高松から電車に乗ればいいワ・・・。
ところが高松行きって市内に入ってやたらと停車場が多い。
やっと高松駅に着いたと思ったら、乗り慣れないもので帰りの電車がわからない。
とりあえずすぐ出発するみたいな普通の琴平行きに乗った。
これが各停で香西・鬼無・端岡・・・・、こんな駅まだあったんだ・・・。

もうこの日はぼやくときりがない・・・。
結局どこかの駅で、後から来た快速に乗り換えて少しだけ早く帰って来た。
慣れないことをすると疲れるし時間がかかることになる・・・。
トンボ帰りだったのにホント疲れた~。

スポンサーサイト

「お鳥見女房」

その題名から何となく敬遠していた、諸田玲子の「お鳥見女房」シリーズ全7冊を読み終えた。
女房・・・というから、どこぞ町家の人のいい世話焼きのおかみさんの話かと思っていたら大違いだった。
まず御鳥見役(おとりみやく)という役職は初耳だったが、れっきとした将軍家直参のお家柄だった。
たかが・・といえば恐れ多いかもしれないが、将軍の鷹狩に関連する世話役で、代々の御鳥見役の家に生まれた珠世というおおらかな女性が主人公の話である。
養子に迎えた夫との間に4人の子を生し、長女の幸江は格上の家に嫁いでいたが、この長い物語の間に長男久太郎、次男久之助、次女君江と3人の子らが当時としては珍しく恋愛結婚していく。
夫が御鳥見役の裏仕事である密偵中に失踪したり、父親久右衛門の秘密が露呈したり、父の後を継いで御鳥見役になった嫡子久太郎の劇的なロマンスがあったりで全く退屈しない。
結果みんなが丸く納まってめでたしなんだけど、それらがすべて来る人拒まずのおおらかな珠世の性格故であったと感じいるのだ。
5人の子連れで矢島家に居候を決め込んだ厚かましい浪人を、何かの縁と迎え入れる珠世の気の良さは「エーッ!?」と思うほどだが、彼らが家族同然にお互いのことを思いやる関係になっていく過程を見ると、珠世の来るもの拒まずの精神は間違っていなかったのだろうと思う。

直参・旗本・御家人そして陪臣などという言葉を久しぶりに聞いた気がする。
何しろ将軍家に直接仕える直参からみれば、大名の家老といえども陪臣なのだ。 
明治維新を迎えようとしたころ、浅黄足袋・又者とそしられた陪臣たちの苦労を描いた「お登勢」を思い出した・・・。
何しろこの御鳥見役という役職は新鮮だった。
まだまだ知らない役職があったのだろうし、それだけ将軍家とは膨大な権力を持っていたということだろうなあ。
将軍家を描いた本もいいかもしれない・・・。
そろそろ諸田玲子も卒業しようかなあ・・・、思案している。

優勝マジック7に・・・

今日は良かった。
BSで放送があり、横目で見ながらパソコンで次回の資料を作っていた。
8月末に悪夢のようなDeNAとの3連続サヨナラ負けがあり「まさか・・・」という思いだった。
だがそのあと立ち直り、ヤクルト・阪神に共に3連勝ずつの6連勝、そして今日中日との3連戦の初戦に勝った。
打線は爆発とは言えなかったが、薮田投手が良かった・・・。
インタビューでの態度もまじめで控えめでホントに好感が持てる。
彼は大きいなと思っていたけど188センチもあるんだって・・・。
その長身をかがめるように最後は野手を迎える。
14勝で巨人の菅野に次ぐ2番目の勝ち星を挙げている。
行ける行ける。
この調子なら最多勝行けるよ。
巨人も頑張って3位に上がってほしいところだ。
唯一負けているDeNAよりはCSで絶対戦いやすいよ。
優勝はもう完全に見えている、あとはいつになるか、どことの対戦で決めるかだけど、DeNA相手に大差で決めてほしいなあ・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR