FC2ブログ

韓国ドラマ「王は愛する」

私が韓国時代劇の最高傑作だと思う「太陽を抱く月」では、キム・スヒョンの胸キュン演技にウットリしたが、ヒロインの兄の青年時代で出演していたのがイム・シワン・・・。
前半で少し出るだけであまり出番がなかったのだけど、凛々しさでしっかり印象に残っていた。
今回の「王は愛する」は、題名から王様の恋バナの楽しい話かと思っていたら、切なすぎる世子役で最後までどうなるのかわからなくてハラハラした。
決してハッピーエンドではない、見終わって心の中に風がふく・・・。
孤独な王を残してなぜ二人は旅出つのか・・・。
絶対に離したくない女を、信頼する部下である友に託して見送る王を演じたイム・シワン・・・。
ラストが思いがけなくて泣きそうだった。
リンが死んだ結末の方がよかったよ・・・。
r.jpg
美しくて強く優しくて行動力もあり、しかし世子としての枠にとらわれず生きる、気ままで孤独な世子ウォンをイム・シワンが演じている。
高麗の王と元の皇帝の娘との間に生まれたワン・ウォンは、父からは遠ざけられ権力者の母からは過度の期待をかけられて、それに反抗するようにいつも王宮から出て自由な日々を送っていた。
誰も信用できない周囲の中で、子供のころからの側近リンを兄弟のように思って深い信頼を寄せていたが、二人である事件を目撃してしまったことがきっかけで、奔放な女性サンと知り合い、それが二人の間に少しずつ亀裂を生むことになる。

サンを気に入り「私の一番目の人」と公言する世子に対して、主君の大切な想い人と知りながらも彼女に心を寄せてしまったリン・・・。
ドラマで主君が愛する人を好きになることは多いけど、こんな場合絶対に家臣が身を引くよね。
それがこの時代の習いでしょ。
それからはリンの顔も動作もロボットみたいに感じられてしまった・・・。
気持ちを抑えられなかったリンも悪いけど、自分の気持ちをはっきりさせないサンが何といっても悪いワ。
ドラマを見ていても世子かリンかどちらが好きなのかわからない。
ドラマだから世子が身分を隠していたり、サンが自分の侍女に扮してソファと名乗っていたことなど、誤解を招く伏線はいっぱいあったとしても・・・。
リンは世子と対立する立場になっていくが、それがリンの本意ではない。
彼が隠し事をせずに全てをさらけ出していたら違った結果になったのに・・・。
三人はもう昔のような関係には戻れなくなっていた。

世子ウォンがサンを手放す決意をしたのはいつなんだろう・・。
ウォンはサンにいろんなもの与えようとしたが与え方がわからない、サンはそれを受け取る方法がわからなかった・・・と二人が別れを予感して語り合う場面がある。
その時は二人は結ばれると思って見ていたのだけどそうじゃなかったんだね・・・・。
世子の座を狙う敵ばかりの中で、最強の後ろ盾だった母を失い、信頼できるただ一人のリンが離れていく。
しかも自分の大切な人を伴って・・・。
リンが嫌いになってしまった。
こんな結末は満足できないし納得できないし寂しすぎる・・・。
王の座についてしばらくしてその座を返上し、母の祖国である元に渡って10年間も帰ってこなかったと注釈が入ったが、彼のむなしさを埋めるにはそれでも十分ではなかったかもしれない。

イム・シワンはこれまで見たどのドラマの王・世子より美しく品があり切なく孤独だった。
惜しむらくは背が低い・・・。周りが高い人ばかりなのでちょっと低いのが目立つ。
でも本当にきれいなので、欠点があるとしてもそれらすべてを補って余りある。
悲鳴をあげたくなるほど寂しい運命を付き進む世子ではあるが、それがこのドラマの心に残る所以でもあるかもしれない。
この世子役は当たり役だったなあ・・・。

何度も見直しているがそろそろ別のドラマに移らないと・・・。

スポンサーサイト

頭の痛いこと・・・

浴室煖房がいつからか全く煖房が効かなくなって、湯を入れている時にスイッチを入れておいても、暖かくなるどころか冷風が吹いている。
仕方なく今日メーカーに電話した。
当然保証期間を過ぎているので、点検だけでも人件費で12000円くらい要ると前もって言われた。
もう無いなら無いでいいのだけど、付いているものが故障していると思うとやっぱり直してみたくなる。
つい最近エコキュートが不調になって何回も修理に来てもらった結果、不用意なミスで無駄な出費をした。
でもあれは1回分の点検費の請求で終わってありがたかった。
今度はどうなるのか、劇的に暖かくなるなら少々の出費は惜しくないけど・・・。
玄関のチャイムが壊れたり、冷蔵庫があぶない状態になりそうなんだけど、自分の残り人生を考えると買い替えることには二の足を踏んでしまう。

ところで孫が4泊5日でお泊りに来ている。
学校が休みなら私の予定も何も無しなので何日泊まってもいいのだけど、今回は今日が普通の登校日だったので緊張した。
朝アラームを待たずに目は覚めるし、忘れ物など何度も念押ししたし、髪の毛のハネもドライヤーで直した・・・。
孫も早起きしてパンも食べたし早く準備ができてしまった。
7時半に玄関で待っていたら同じ班の子たちが寄ってくれる・・・というのに、早くから外に出て待つ始末・・・。
挙句は「行ってらっしゃい」とか「バイバイ」とかみんなの前で言わないで・・・とのたまう。
何で?
恥ずかしいから・・・。
はいはい、じゃあお見送りしないからね・・・。

今日は恒例のお食事会の日でもあり、孫の下校時間までに帰れるかどうか心配だったのだけど、無事に帰れて一安心・・・。
もう後は土日だから二人でのんびり朝寝して好きなことをしよう・・・
そうそう明日は高松から孫娘も来るんだった・・・。

フィギュアスケートの世界

今年の秋に開催された「スケートオンアイス」が放送された。
久しぶりに大ちゃんの名前を見つけたので録画して見た。
現役の選手、プロになった人たち、日本人と外国人、色々なスケーターが多彩なプログラムで滑った。
私の目的は大ちゃんだけなので他は早送りしたりしたけれど、引退して以来初めての町田樹の出演も目を引いた。
この放送のゲスト解説もしていたけれど、さすが話題になった「氷上の哲学者」だけあって、言葉を選びつつも的確で丁寧な今までにない新鮮な感じの解説だった。
しかししかし、歓声はやはり大ちゃんが一番だった。衰えない人気はうれしい・・・。

フィギュアスケートのオリンピック代表はどうなるんだろう・・・。
羽生クンは負傷して12月の最後のNHK杯にかけるというし、女子はどうもグランプリファイナル出場があぶないらしい。
真央ちゃんが引退して以来、女子は驚くほどたくさんの若い選手が台頭してきたけれど、抜きんでた子がいない気がする。
どうも華がない・・・。
女子はロシア選手が今は強く美しいのかなあ。
男子はけがをしたといっても羽生クンがいるし、宇野昌磨クンも期待できる。
でも羽生クンについては気になることがある。
何かで読んだのだけど4回転半を目指しているって・・・。
人より1歩先を行きたい気持ちがそう思わせるのだろうが、無理することないよ。
ジャンプより美しい滑りやステップを目指してほしいと思う。
それでは成績が残せない時代なのだろうけど、クルクル回るだけの演技は魅力がないと私は思う・・・。
羽生クンにはもう一つ、前回やその前など同じ曲・振付を使うことが多いような・・・。
オリンピックにはまた「SEIMEI」で臨むそうだし、ショートに至っては3シーズンも使用している曲だって・・。
SEIMEIの衣装はあんまり似合ってないような気がする。
羽生クンは王子様キャラなんだからフリフリのきれいな衣装がいいと思うけどなあ、そして新しい曲でがんばってほしい。

やっと名義変更ができそう・・・

必要に迫られて自宅土地建物の相続手続きをすることになった。
法務局に相談に行ったのはいつだったか、もう何か月も前のこと・・・。
その説明を息子たちにするのが心理的に負担で、いつまでも延び延びになっていた。
だがこれではいけないと決心して、重い腰を上げた。
県外に住む独身者の次男は別におくとして、長男と末っ子の三男を呼び話をした。
とりあえず自宅は一旦私名義として、私が亡くなったあとの財産分与についても思って居ることを伝えた。
二人とも何の文句も無しに素直に名変に応じてくれたし、財産分与のことも了承してくれた。
ついでに私の葬儀のことや、一番気になっていた次男のことを頼んだ。
家族を持たないままで歳をとったらどうなるのか・・・。
身近にそんな人がいなかったので想像がつかない。
普段近くにいても兄弟同士が疎遠なので、この際お互いに連絡をとってたまには酒を飲んだりして、兄弟助け合うように言ったのだけど・・・。
結婚すれば家庭が大事になることはわかっている。
でも独り者の兄弟がいることを忘れないようにと念を押した。
もう、ずーっと二人に言っておきたかったことなので、少しだけ気が楽になった。

息子たちはみんなすぐに書類を届けてくれたし実印まで預けてくれたのだけど、私がグズグズして遅くなっていた名義変更は、今日やっとそろえた書類を持って法務局の相談所に行った。
まだ少し足りない書類があって近くの市役所まで行ってもらってきた。
印鑑を持ってなかったり、何より登録免許税を持ってなかったので今日のことにはならなかったが、登録変更に5万円近く要るそうで驚いた。
ホントはこんなには要らないかもと思いながら2万円は持っていたが、とても足りなかったわけだ。
何はともあれこれで名変のメドがついた。
あとは本来の目的であった銀行の抵当権を抹消するだけなんだけど、またこれにいくらかかるのだろう・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR