FC2ブログ

「希衣子」

寒い寒い!
彼岸の中日だというのに箱根辺りは大雪で、事故や停滞が起きているという・・・。
こちらも寒い、今日はストーブがフル回転だった。
この寒さで、早く咲きそうだった桜が少し長持ちしてくれたらいいのに・・と思っている。

題名から現代ものかと思って敬遠してきたのだけど、図書館にある諸田玲子の作品をほとんど読んだので、そろそろ最後かなと思って「希以子」を読んでみた。
明治末期に生まれ大正・昭和と苦労しながら生き抜いた女性の話である。
この時代は皆がいろんな意味で大変な思いをしている。
時代の大きな変化があり、なにより戦争というどうにもならないうねりに巻き込まれていくのだから・・・。
それでも幸せで物足りている人は小説の題材にはならない。
希依子も例外ではない。
豊かではない家庭で育ち、両親の離婚・再婚・可愛がってくれた里親・そしてその娘との長い間に渡る確執などを織り交ぜて、幼いころから五十過ぎまでを描いている。
裏切られても騙されても人を恨み切れない人の好い希以子は、損なようなその気性で結局は波乱万丈の生涯を生き抜くことができたのではないだろうか。
好きだった初恋の人との別れ、次々と知りあう男たちには苦労させられ、商売の才覚で金を儲けるがそれらを全て失って夜逃げもする。
戦火の中国に渡りそこで終戦を迎えるのだが、それまで日本軍に押さえつけられていた中国人に切りつけられ瀕死の重傷を負う。
だが強運で日本に帰ることができ、我が子とも再会し人生をやり直していく。
苦しくても子供を産んでいてよかった・・・。
子供のため・・と思えば生きる力がわき、何としても頑張ろうとなるのが母親だ。

晩年になってやっと生活が安定したころ、希以子を憎み騙し続けてきた養母の娘美佐緒が全てを失って転がり込んできても、希以子は受け止めるのだ。
何となく美佐緒は登場した時から、偉そうな態度で希衣子と敵対しつつも最後は希衣子のお荷物になるような気がしていた。
希衣子の人の良さ、男運の悪さなどが全編を貫いていて少しイライラするが、小説とはいえ終わりよければ・・・だ。
スポンサーサイト

短歌会

まだ3月半ば過ぎなのに急に暑くなった。
気が付くとさくらんぼはもう花が終わってしまったし、コブシが満開になっている。
これは今年の桜は早いのかもしれない。
4月10日にお花見ツアーに行く予約をしているけれど、行ってみたら終わっていた・・・なんてことになるかもしれない。

今回何か書きたいことがあったはずなのに思い出せない・・・。
最近はホントに物忘れがひどい。
今日は「短歌の会」に初めて参加したことを書こうかな?
善通寺市の市民講座に月1回短歌の会があることを知って、前回見学に行って申し込みをして来た。
この会は自分の短歌2首を先に提出しておいて、当日はそれら作品をランダムに名前を入れずに並べたプリントを貰って、作者がわからないままで一首ずつ読み上げ感想を述べていくシステムだった。
しかも毎月課題があり、今回は「道」だった。

私も生れて始めて自分の作った短歌を人に披露することになった。
不安でたまらなかったがなんとか2首絞り出して提出した。
「雪道は危ないからと電話ありスノータイヤの要る町まんのう」
「紙吹雪はらはらと落つ花道とフィナーレに酔う観客われら」
自分の作品の批評の時はついこの時はこうだったなどとフォローするようなことを言ってしまったが、思ってもみないような意見もあり、人の受け取り方って様々なんだなあ・・と思った。

ところで人の作品に対する感想はなかなか言えない。
人の意見を聞いてみても納得するものもあり、そうでないものもある。
でも自分の意見はなかなか言えない。
少し人前でしゃべれるようになったらいいと思って入会したので、月一のことでもありがんばってみようかなあ。
短歌を作るのも大変だけど批評する方がもっと大変だ。
わからないならわからないということにしよう。

THIS IS US・・・

今、ほとんど洋画は見ないし洋物ドラマも見ない。
だけどこの作品は高橋一生クンが吹き替えをすると話題になっていたので、一応録画してみた。
20回以上録画したころ全18話だと知って、やっと見始めた「This is us36歳これから・・・」。
最初はコレどうなってるの?というスタートだったんだけど、人間関係がわかってくるとおもしろくてやめられなくなった。

同じ36歳のケビンとケイトとランダル、彼らの関係が兄弟だとわかってくるとると、あれランダルの肌の色は?・・・と疑問がわく。
その兄弟のそれぞれの生活と同時進行で、三つ子を妊娠した夫婦の話が描かれ、その夫婦が彼らの両親であることがわかってくる。
両親の名前はジャックとレベッカ・・・、初めての妊娠が三つ子だったので驚き戸惑いながらも子育てに奮闘する姿を描く。
二人が育てる子供たちは現実には36歳になり、それぞれが悩みを抱えていることが浮き彫りになる。
人気はあるが役柄に悩む俳優ケビン、幼いころから太めですっかりビッグな体つきになりやっと減量に取り組み初めた妹ケイト、安定した仕事と家庭を得たが自分の出自を知りたくてたまらないランダル・・・。
親と子の世代を同じ時代のように描いているのでホントに不思議な感覚だけど、慣れて来ると気にならないしジャック夫婦の子供たちへの悩みや夫婦の葛藤もわかりやすくさえ感じる。

登場人物の中ではお父さんであるジャックが一番魅力的だと思ったけれど、何話目かで彼がすでに死んでしまっていたのがわかる。
いつ、なんで死んだのだろう・・・。
なかなかわからない。
ランダルは、レベッカが自分の実の父親のウイリアムの存在を知っていたのに話さなかったことを長い間許さなかった。
母親としてどうしても言えなかったレベッカの気持ちがわかるので、これは少しレベッカに同情してしまった。

17話まで見て大ショックなことがあった。
最終回が録画されていないのだ!
17話の放送日に続けて18話が放送されることが、17話のあとにお知らせされていた。
全て録画してから見るスタイルなのでそんな変化があったらついていけない・・・。
ということで一番大切な最終回が見られないままで終わってしまった。
17話で、それまで仲のよかったジャックとレベッカがケンカをするシーンがあり、最後にはどうなるんだろう?と気になるところだった。
まだジャックは死んでいないのにいつどうなるの?・・。

シーズン2がそろそろ放映されるという記事も見たのでそれが楽しみだけど、最終回がわからないままではどうしても終われない。
NETでドラマを検索して最終回の結末を見ようとしたのだけどどうもわからない。
最終手段としてビデオショップで探してみようとは思っているのだけど・・・。

また確定申告の時期・・・

ついこないだ確定申告が終わって、やれやれ次は1年後だ・・・と思っていたのに、はやその1年後が来てしまった。
何か楽しいことが待っていたとしても、確定申告が終わってないと思うと落ち着かない。
早めに作ろうと思って取り掛かったつもりだけど、去年の記録を見ると同じ時期だった。

今年は何とか作成の問い合わせの電話はしなくて済んだけれど、去年たくさん払ったインプラント代が医療費に含まれるのかどうか地元の税務署に電話してみた。
インプラントを入れなければ5~6万なので、医療費の計算が要らないのでそれならそれでいいわと思っていた。
電話は機械対応で、用途に応じて何番何番・・・と読み上げられて、番号を選択してもまた次の対応の選択を迫られる。
説明を聞くだけでも電話代がかかる・・・。

さてインプラントは医療費控除の対象になるということだった。
正直ビックリだけどそれだけではない。
医療費って年間10万円以上はいくらあっても同じだと思っていた。
だから「インプラントは含まれますよ」・・・と言った税務署の係に、「じゃあ、20何万の領収書があればそれを1枚付けておけばいいのですね」と言った私に、「いえいえ、200万まではいくらでも大丈夫です。領収書は全部付けて下さい。ただし支払う税金以上には控除されませんけど・・」と電話の声・・・。
エーッ、驚きだった。
インプラントが入るのも驚きだったし、200万というのも知らなかった。
何年か前のインプラントは当然ダメと思って控除に入れなかった。
無知って損するんだねえ・・・。

結局入力して見るといつもの税金の十分の一で済んだ・・・。
インプラントを含めると去年の医療費は60何万に膨らんだ。
医療費も全部パソコンに入力するとめんどくさいので、病院ごとに分けて合計だけを書き込んだ。
これで通ったら来年からもそうしよう・・・。
今年の入力は何とか自力で出来たんだけど、印刷の時に突然ネットが切断するアクシデントが何度かあって、保存していなかったのであわてたし溜息が出た。
何度入力しただろう・・・。
スムーズにいったためしがないけれど、ゴタゴタして出来上がった方が達成感がありうれしいかも・・・。
今週中くらいに提出に行こう、ダメ出しが出ないといいんだけど・・・。
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR