FC2ブログ

大河ドラマ

2020年?だったかの大河ドラマが「明智光秀」が主人公だと聞いて何だかウンザリしたんだけど、主人公役が長谷川博己だと発表があり「すご~い」と思った。
誰が提案したんだろう、イメージがピッタリなんだもの・・・。
豪快より繊細、武骨より知性、伝えられるイメージからくる卑怯者、謀反人と呼ばれることが多いが、しかし反対に信長の無理押しに仕方なく立ち向かったという話もある。
私の中では何となく石田三成と相通ずるものがある。
要するに歴史上の人物だから真実はわからない・・・。
後世の人間が勝手にイメージしたと言われても半分は当たっているかもしれないが、半分はちがっているかもしれない。

強さより一見弱く我慢強く、しかし芯は強く天性の知性で乱世を生きた明智光秀のドラマは「麒麟がくる」というタイトルだそうだ。
なんとも魅力的なタイトルで素敵!
何度もドラマ化された戦国時代なんだけど、主人公が変わると歴史も少々見る目が変わりそうだ。
そのうちに土方歳三がメインのドラマ化を待ちわびている。
逸話の多い幕末の話は何度見ても面白い。
山本耕史の土方も当たり役だったが、この長谷川博己のようにまた新しい土方像を見せてくれる俳優をぜひ見てみたい。
スポンサーサイト

楽しみなこと・・・

かつて発売を待ちかねていたもの・・・、ワクワクして発売日にはすぐ本屋に走った。
それが「風と共に去りぬ」の続編「スカーレット」だった。
今回私が待ち焦がれたのは山内惠介クンの新曲だった。
2月に新歌舞伎座で聞いて以来発売を待ちかねていた。
3月末だったのだけど今回はAppleからダウンロードすることにしていた。
検索して、知らない曲があれば一緒にダウンロードして購入した。
一曲250円だった。
今一番好きな曲「サヨナラ」もフルコーラスが欲しかったので入れてみた。
久しぶりのダウンロードだったので少し戸惑いながらだったが、全部で7曲入った。
誰ががカバーした曲はYOUTUBEで聞けるけれど、やはり本人の曲は圧倒的にうまい!
「さらせ冬の嵐」も「サヨナラ」も切ない曲で、男らしい惠介クンの魅力を引き出している。
彼の笑顔もいいけど笑わない真剣な顔の方が私は好きだ。
毎日毎日車の中で聞いているのですっかり覚えた。
先日友人とカラオケに行って歌ってみたけれど、歌うと難しい・・・。
新歌舞伎座に一緒に行った友人のお母さんが亡くなり最近会えないので、惠介クンの話題をあれこれ話せないがのが寂しい限りだけど・・・。

そしてそして・・・、プロ野球が始まってまたハラハラしながら楽しめる日々が続いている。
開幕するや連勝で一気に首位になり今年もカープの年と喜んだのだけど、やはり負けもあるよねえ・・・。
いつものことで負けた日はニュースも見ないし見たくない、でも勝った日は何度もニュースを見たい気分になる。
昨日のヤクルト戦は放送がなかったけれど延長戦になり、延長12回でサヨナラ勝ちしたので飛び上がる気持ちだった。
普通に勝つよりサヨナラは劇的で嬉しさ倍増だわ・・・。

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR