FC2ブログ

修羅走る関ケ原

光成の家臣土肥市太郎が家康を目前にして、夢と現実の間で揺れるところで終わっている。 
目は血走り体は震えていただろう・・・。
興奮を抑えられない彼は、刀を抜き家康を捉えることができるのか・・・?
山本兼一の本だ・・・。

架空の小説だったらどうにでも進展できるのだけど、そこは歴史の現実に目をつぶるわけにはいかない。
家康は長生きして盤石の幕府の基盤を築いた。
豊臣が勝利していたなら、どんな世の中になっていただろうかと思ってもどうにも想像できない。
残念ながら秀頼や淀殿が無事に国を治めるイメージはないよねえ。

悔しくも裏切りで決着が付いた関ケ原の戦い、東軍西軍双方の大将たちの心情・行動を描いたこの本は、西軍贔屓の私には西軍に好意的に書かれているように感じた。
福島正則をはじめとする、豊臣秀吉によって大名に成り上がった男たちは、石田三成を討つことをやめなかったけれど、どこかで後悔の念や豊家に対する後ろめたい気持ちがあった・・・。
しかし光成を成敗することこそ秀頼のためと愚直に信じたのだ。

福島正則も加藤清正もこのあとどうなったのだっけ?
大阪冬の陣・夏の陣でも豊家を守らなかったのかなあ?
すっかり歴史に疎くなってしまった。
ちょうど今大河ドラマで真田幸村をやっているので、そこのところをしっかり見ようと楽しみにしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR