FC2ブログ

信長死すべし

今回借りた本は山本兼一の「信長死すべし」だけど、題名に惹かれて借りたものの、読んでいくうちに何か文章に見覚えがある気がした。
あれ、以前読んだかな?と思う・・・。
信長を始め有名な戦国武将たちの名前だったら色々な本に出て来るので、ほかの本で読んだのかな?と思えるけれど、公家の近衛前久(さきひさ)や勧修寺晴豊(はれとよ)なんて名前は、ほかの本にはそんなに出ないだろう・・・。
この名前には見覚えがある・・・。
借りた本名などを書いてある手帳のメモを見ると、なんと去年の10月に借りている・・・。
たくさんある中から同じ本を借りていた。
しかもつい何か月か前のことなのにすっかり忘れてしまっている。

光秀の反逆は、信長の台頭におびえた内裏をはじめとする公家たちの恐怖から、時の正親町(おおぎまち)帝が光秀に「信長死すべし」の密勅を送ることから始まった・・・という話であった。
明智光秀という人は悲劇的に描かれていることが多い。
知識人であり公家寄りに見えたことが、信長にうとまれ内裏に利用された所以なのだろうか。
少し前に読んだ同じ山本兼一の、「修羅走る関ケ原」の石田三成に重なってしまった・・・。

山本兼一の本は面白い。
面白い本に出合うと同じ作家の本ばかり読みたくなってしまう。
でもつい先日に読んだ本かどうかがすぐにはわからないのだから、私の読書もいい加減なものだ。
ただタイトルに惹かれる・・・ということはあるかもしれない。
次は「利休にたずねよ」かなあ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR