FC2ブログ

琅邪榜(ろうやぼう)

どうしよう・・・。面白くて最後は放送を待ち兼ねた。。
「琅邪榜(ろうやぼう)麒麟の才子、風雲起こす」・・・。
今度は中国ドラマだ。
ホントは韓国ドラマで手一杯なので、中国ドラマまでは見ないつもりだった。
だが新しく始まったこのドラマを録画してしまって・・・、しかも54話ときている。
韓国ドラマの方がちょうど終わったので、40話くらい録画していたこれをとりあえず早送りしながら見てみようと思った。
1~2話見て面白そうでなかったら削除すればいい。
そうしたら1話から相当な面白さ・・・。
どうなるのだろう・・・とワクワクする。
中国人キャストはもちろん全然知らない人ばかり・・・。
でも強烈なインパクトのある俳優が多く、また別のドラマでこの人を見たらどんなだろう・・・と思うとつい笑ってしまう。
それほどはまり役な気がする俳優ばかり・・・。

ストーリーは壮大で、梁(りょう)の国と勢力を争っていた滑族の討伐のため、最強の部隊「赤焔隊(せきえんたい)」が派遣される。
その部隊の将軍を父に持つ林殊(りんしゅ)が、谷底に堕ちる壮絶なシーンからドラマは始まる。
味方の裏切り・・・というより、赤焔隊を陥れ全滅させるために送り込まれた兵士たちにより、国を救った赤焔隊の勇者たちは地獄のような猛火に焼かれた。
全てが死亡したと思われた赤焔隊から林殊一人が生き残り、奇跡の生還をするのだけど恐ろしい体験のため全く別人の姿になっていた。
命を縮め生き返った彼は赤焔隊の名誉回復と、彼らを陥れた人々への復讐を始めるのだ。

宮廷の官位がわからない。
漢字表記の名前が出るが男だか女だか全くわからない。
女性たちの位も韓国とはまた違ってむつかしい。
それぞれの人たちの関係もわかりにくい。
何話か見てから「そうだ!」と思って相関図を探した。
これがあるとずいぶん助かったし、5~6話を見た後最初から見直したらずーっとわかりやすくなった。
皇太子役は見るからにマザコンで凡庸、彼を押しのけて皇帝の座を狙う誉王役の彼はあざとく曲者・・・という感じで適役だった。
そして若いころから林殊と競い合った親友で、一本気で生真面目な故か皇帝に愛されない王子、靖王の登場で何か期待感が生まれる。
靖王と蒙大統領の二人も、お互いに融通が利かない感じが通ずるものがある・・・。

最初は意味がわからなかったが、見直してハーッと理解できた部分も多々ある。
太皇太后に梅長蘇として謁見した時、太皇太后が「小殊」と彼を呼んだではないか・・。
林殊こと梅長蘇にとって太皇太后は祖母に当たる。
彼女は過去と現実の間にいた故か、愛する孫を見分けることができたのだ。
しかしその場にいた多くの人の誰もが、それを真実とは思わず笑い流してしまう・・。

期待した林殊と靖王の感動的な再会シーンがなかった。
靖王はどこで梅長蘇の正体を知るのだろう?と、それがずーっと一番の関心ごとだった。
最後にお互いに感情を抑えて向き合った二人が、静かに過去を振り返る方がよかった?
どこでかで抱き合って涙する・・・と思っていたのにちょっと残念だった。
でも悪役は最後まで極悪で、それ故にドラマを面白くした。

何かのNET記事にこれは中国版の「モンテクリスト伯」だと書いてあったけれど、モンテクリスト伯は復讐を遂げて愛する人と旅立つはずだ。
生き返った林殊は復讐はするけれど、再び戦場に帰っていく場面で消える。
ハッピーエンドとは言えないよねえ・・。
でも期待を残した最後だったので視聴者は勝手に想像できる・・・。
梅長蘇はきっとどこかで生きてる・・・?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR