FC2ブログ

思い出

NHKの朝の連続ドラマ「ひよっこ」・・・。
「べっぴんさん」も見たし最近ずーっと見ているので、何となくこれも続けて見ている。
自分の生きてきた時代とほぼ同じなので興味深い。
主人公は茨城県から東京に就職して行方不明の父親を探すという設定で、少ない給料からほとんどを家に仕送りしている孝行娘だ。
私も仕送り位すべきだったのかなあ。
給料は無駄使いはしなかったけれど家に送金した覚えはない。
最初のころの給料で家族に洋服を送ったことは覚えている。
両親も妹もとても喜んでくれた。
今更なんだけど少しでもお小遣いを送ってあげればよかった。

振り返ってみれば私が就職して入った寮は新築で、ドラマよりもっともっと現代的だった。
同じ時代とは思えないくらいドラマは古めかしく、主人公の仲間たちは東北出身者もいて、みんな純朴でセリフもスローなので見てて早送りしたくなる。
でも思わずうなづいてしまうシーンも多く、私の好きだった歌声喫茶なども登場した。

何となく50年前の忘れられないいろんなことを思い出した。
初めて入った寮は4人部屋だったかなあ・・・。
2段ベットが二つある部屋と6畳くらいの和室が付いていたと思う。
流しもベランダもあり、トイレとお風呂は共用だった。
テレビは団らんの部屋でみんなで見ていた。

テレビと言えば忘れもしないことがある。
私が就職した年の大河ドラマは「源義経」で、家に居た3月まで見ていたのに寮に入ると自由に見られなくなった。
義経は私が歴史上一番好きな人物で、本当に楽しみにしていたドラマだった。
ちなみに義経役は当時の尾上菊之助、静御前は藤純子で当時は本当に見たかった~・・・。
今ならビデオもありいつでも見ようと思えば見られるけれど、あまりに月日が経ちすぎて未だにこれは見てないと思う。
その後再び「源義経」のドラマ化があり、主人公はタッキーだったがこれはしっかりと見てDVDで残している。
弁慶は誰だったかなあ?
最初の義経の弁慶役は緒方拳だったと思う。
テレビのもう一つの思い出は、当時のメロドラマだったのかなあ「あやこ」(漢字は忘れた)というドラマを寮生みんなで見ていて、放送日になるとたくさんの人がテレビの前に集まっていたと思う。
みんななぜかそのドラマに夢中で、その時間帯はお風呂がガラガラだったよ・・・。

会社は大発展する時代を迎えたスーパーだったので、社員数も多く運動会があったり、レクリェーションも色々とあり楽しい1年ちょっとだった。
なぜもう少しいなかったかというとドンドン新しい人が入社してくるので、2年目になるともうちょっとベテラン扱いになり何となく居心地が悪かったような・・。
新店舗が次々に開店するので転勤があるのも苦手だった。
最初に配属されて1年近くいた尼崎店が楽しく、いい人たちばかりでバスでの通勤も楽しい思い出になっている。
ああ、書き出すと止まらない・・・。
寮の同じ部屋だった先輩が退職して郷里に帰る日、友人たちと大阪駅まで見送りに行き私がホームで大泣きしてしまったこともあった。
あの先輩、山陰の人だったけど今ごろいいおばあちゃんになっているのかなあ・・・。

あの頃から50年以上が経ったなんて信じられない。
ホントにいつの間に・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR