FC2ブログ

韓国ドラマ「未生」

ヒョンビンを初めて見た時くらいのショックだったイム・シワン・・・。
メロメロになって「未生」(ミセン)というドラマを借りてきて見てしまった。
普通だったらビデオ店でたくさん借りるにはちょっと抵抗があったのだけど、それまでの実績?でなんと12月中は旧作品に限って半額っていうのだもの・・・。
もうこれは10枚くらいは大人借りだワ・・・。

「未生」は面白かった。
日本のリメイク版は見たのだけどそれほど面白いとは思わなかったが、これは感動した。
新入社員の戸惑い、先輩社員たちのいじめ、上下関係を重視して融通の利かない会社・・・。
部下をしかりつける部長は嫌な存在だけど、彼らもまた社長や専務には頭が上がらないのだ。
と同時に商社などの大手の会社に就職した人たちの苦労を感じた。
人に羨まれる会社に入るってこんな大変なんだ・・・。
身の丈以上のことを目指すと、精神的に相当に追い込まれることになるんだねえ。

大手商社に大卒の優秀な学生たちと一緒に入り、契約社員となったチャン・グレが彼の役名だ。
彼は高卒認定の元棋士で、才能はあったがプロにはなれず棋士としての夢を諦め、コネ入社と言われながら商社に入ってきた。
ドラマはこれまで特殊な世界で生きてきたグレが、ノーマルな常識にも疎く、コピー一枚取れず皆にバカにされ仲間外れにされ、失敗もしながら成長していく姿を描いている。

グレにとって幸せだったのは配属された営業3課の課長が、口は悪いが人情味あふれる人間だったことで、直属の上司(といっても3課は全部で3人だったけど)の代理も優しい人だった。
他の課に配属されたエリートの新入社員たちは、それぞれの課の先輩たちに痛い洗礼を受け色々な形で苦労するのだ。

世間知らずで当たり前の常識も持ち合わせないグレだけど、持ち前のひらめきと才能で、3課に必要な人間に育っていく。
反発していた同期の新入社員たちも、グレの真面目で揺るぎない一途さにいつの間にか心を開いていく。

だが会社とは、部下のミスで上司が責任を取って退職を余儀なくされる世界だ。
3課の課長も一時は仕事を成功させ次長にはなるのだけど、結局はグレのミスから彼を庇って辞表を出してしまう。
もう社内でグレを擁護してくれる人はいないのだ。
しかも友人たちや彼を認めた社員たちの奔走にもかかわらず、グレはついに正社員にはなれず退職に追い込まれる羽目になる。
たとえいかに成績を残すことができたとしても、高卒認定者を正社員にするという前例が会社にはなかったのだ。

しかしグレは幸せだった。次長が待っていてくれた・・・。
先に退職した次長が新しい事業を起こし、グレを迎える場面ではグッときた。
そこに会社に辞表を出してきたと代理が飛び込んできて、3人は歓喜で抱き合う。
これにはホロッとしてしまった。
グレは仕事で外国に飛び一人前の商社マンの姿を見せたラストだったが、商社に残ったグレの同期社員たちも、それぞれの課で認められ新しくスタートできそうな体制になっている。
彼らは友情を育みながら立派な商社マンに育っていくだろうと思った。

生真面目なグレ役がイム・シワンにピッタリだった。
どんな角度からとってもイケメンで美しい顔、こんな美形の顔が世の中にはあるんだなあ・・・。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR