FC2ブログ

お順・勝海舟の妹と5人の男 続き

「お順」の下編を借りに行った。
ついでに確認のため、そばにあった「あくじゃれ瓢六」をめくってみた。
出てる出てる、麟太郎も小吉も男谷道場も覚えがあるはずだ。
それに島田虎之助まで出て来るし、麟太郎の妻になる芸者お民も書いてあった。
瓢六ばかりが気になってその時は読み飛ばしていた。
もちろん虎之助が、麟太郎にとって大切な妹の想い人になるとは書かれていない。
お順も登場していない。
だが色々な共通点があり本当に興味深い。
だがだが・・・
瓢六が間借りしていた家が岡野家というのは私の勘違いだった。
勝家は旗本の岡野家、瓢六は同じ旗本でも小出家であった。
どちらも用人や小者をかかえるお屋敷だったが、当主夫妻の出来が悪く常に金欠にあえいでいた。
あまりに似ていてまちがえるよねえ・・・。

それはともあれ虎之助の死によってお順の初恋は悲恋に終わり、母の勧めで虎之助よりまだ年上の佐久間象山と結婚することになる。
象山から望まれ、順も並みの男よりは・・・と彼を選ぶのだ。
象山は松代藩士でありながら私塾を開き多くの弟子を抱えていた。
そんな象山が失脚して国元に蟄居することになる。
初めて江戸を離れるお順が、これからの厳しい生活の覚悟を決めて兄たちと別れを告げて下編に「続く」となる・・・。
スポンサーサイト
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR