FC2ブログ

「希衣子」

寒い寒い!
彼岸の中日だというのに箱根辺りは大雪で、事故や停滞が起きているという・・・。
こちらも寒い、今日はストーブがフル回転だった。
この寒さで、早く咲きそうだった桜が少し長持ちしてくれたらいいのに・・と思っている。

題名から現代ものかと思って敬遠してきたのだけど、図書館にある諸田玲子の作品をほとんど読んだので、そろそろ最後かなと思って「希以子」を読んでみた。
明治末期に生まれ大正・昭和と苦労しながら生き抜いた女性の話である。
この時代は皆がいろんな意味で大変な思いをしている。
時代の大きな変化があり、なにより戦争というどうにもならないうねりに巻き込まれていくのだから・・・。
それでも幸せで物足りている人は小説の題材にはならない。
希依子も例外ではない。
豊かではない家庭で育ち、両親の離婚・再婚・可愛がってくれた里親・そしてその娘との長い間に渡る確執などを織り交ぜて、幼いころから五十過ぎまでを描いている。
裏切られても騙されても人を恨み切れない人の好い希以子は、損なようなその気性で結局は波乱万丈の生涯を生き抜くことができたのではないだろうか。
好きだった初恋の人との別れ、次々と知りあう男たちには苦労させられ、商売の才覚で金を儲けるがそれらを全て失って夜逃げもする。
戦火の中国に渡りそこで終戦を迎えるのだが、それまで日本軍に押さえつけられていた中国人に切りつけられ瀕死の重傷を負う。
だが強運で日本に帰ることができ、我が子とも再会し人生をやり直していく。
苦しくても子供を産んでいてよかった・・・。
子供のため・・と思えば生きる力がわき、何としても頑張ろうとなるのが母親だ。

晩年になってやっと生活が安定したころ、希以子を憎み騙し続けてきた養母の娘美佐緒が全てを失って転がり込んできても、希以子は受け止めるのだ。
何となく美佐緒は登場した時から、偉そうな態度で希衣子と敵対しつつも最後は希衣子のお荷物になるような気がしていた。
希衣子の人の良さ、男運の悪さなどが全編を貫いていて少しイライラするが、小説とはいえ終わりよければ・・・だ。
スポンサーサイト
プロフィール

chiruko

Author:chiruko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
ペンギンジャンプ
今日の誕生石
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR